私にとってのディスク大会

お天気下り坂のようですね。傘忘れずに♪
さて、日曜日はディスク大会でしたが、初参加の方が大半だったアウラ組。昨日もブログに書きましたがそれぞれがいろんな思いを持ち帰れたと思います。
それは私にとってもそれは同じでした。
私がディスク大会に参加したのは2シーズンぶりのことです。
アールとビンゴと楽しんできたディスク大会ですが、アールは12歳まで参加、ビンゴもなくなる1年前まで参加していました。けれど参加のスタイルは年々変わっていき、最後のほうはどうやれば彼らが楽しんでくれるか・・・・そればっかり考えていました。実際にそれは叶いましたが、それでも何かくすぶるものはありました。
彼らが亡くなる前から私はディスクをちゃんと投げることはありませんでした。
もう、ディスク大会に対する興味はほとんどなくなっていました。
わがままな私なので、自分が興味がなくなるとアウラ組も出動することがなくなりました。
あんなにも賑わったアウラ組なのにねぇ・・・ほんとごめんなさいです。

今年に入ってルーデンスクラスを設立しました。
子犬達がやってきます。
犬のいない私にとっては心が洗われるような日々が続きます。
レッスンではフリースタイルとグループレッスンに力をいれました。フライボールも再開しました。
なにもかもが私にとっては自分の弱ったエネルギーを奮い立たせる術だったのかもしれません。
みなさんはそれを知ってか知らずか、ほんとうによくレッスンに来てくださいました。
感謝感謝です。

そんな中でふとした生徒さんの声でディスク大会参加を今年最後のイベントに決めました。
ひさしぶりにハイパーのスケジュールをみて、すぐさま行動に移ります。
アウラ組参加の募集を開始してすぐに予定数に達しました。
その中には私の名前も入っています・・・・
犬のいない私は生徒さんの犬と参加するのです。
柴犬のタイガ
ボーダーコリーのルキア
どちらもまだ若い犬達です。
どちらもディスク大会初参加の犬です。
タイガとはディスクで遊んだ事さえありません。
ルキアとはレッスンで多少はやっていますが広いフィールドでゲーム仕立ての練習はしていません。
なんといっても私自身がひさしぶりに投げるディスク・・・・ちゃんと投げられるか?
それにちゃんと投げられたとしても、ディスクは力いっぱい投げればいいというものではありません。
ちゃんと犬が取りやすいところにとりやすいタイミングで犬の前に落としてあげなくてはいけません。
その感覚は当然何度も練習しながらお互いに養われるものです。
タイガとはレトリーブだから空中でのキャッチは必要ありませんが、ルキアとはビギナーとはいえディスタンスです。
空中でキャッチしなくてはポイントになりません。
心配事はほかにも色々とありました。
けれど、私はこの子達が自分の犬のような感覚を持って参加しました。
結果は「スマイル!」
くやしいところは沢山ありましたが、私にとってはがんばった犬達を笑顔で迎えられる瞬間を持てました。
この感覚こそが犬を育てます。
この感覚こそが私を育ててくれます。

ディスク大会では参加した皆さんとの会話やゲームのアシスト、そして多くの参加者と犬達をみて過ごしました。
ハイパーのみなさんともひさしぶりに冗談を言い合って時間を過ごしました。

白黒のボーダーコリーが楽しそうにディスクを追い、まだあどけないチョコラブが元気にディスクを持ってくる姿・・・
まるで自分がそこにいて、ビンゴとアールとゲームを楽しんでいるような錯覚をおぼえました。

すこし寂しく感じました。
でも温かい気持ちになりました。
私の時間はあの頃となにも変わっていません。
まるでタイムスリップしているような感覚
でも違う・・・
いつでも私はここに帰って来れるのだなぁと感じました。
そして帰ってこなければいけないのだと思いました。

それをみなさんが思い出させてくれました。

ありがとうございました。

その感謝の思いをもって来年もイベント開催、そして参加を続けていきたいと思います。
もしかすると新しい命との出会いもあるのかもしれません。
焦らず待ちましょう。

インスタグラム始めました♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
はじめたばかりの私が言える事ではありませんがそれぞれのレッスン風景を中心にアップしています。生徒さん間の情報交換にもぜひどうぞ♪ フォローもよろしく~♪
アウラのインスタはこちら
2016aura
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード