トリーツの使い方

お天気下り方面?ちょっと雲行きが怪しいです。
朝一のレッスンは散歩なので午前中だけでももってほしいなぁ〜
さて、トリーツの使い方について色々と触れてきたアウラですが、先日もアイコンタクトとポーチコンタクトとハンドコンタクトの違いについてお話をしました。
トリーツというのはとても便利な道具であり報酬になりますが、使い方を間違うとトリーツ目当ての行動だけが強化されてしまいます。
とくに何かを目指すわけではないというならば、おやつコンタクトでもいいのでしょうが、そればっかりではちょっと残念な感じです。もっともプロとよばれる方達がその領域から離れられないという現実や、様々なトリーツが販売されている現状をみると、トリーツはなんとも魅力的な道具なのでしょう。
事実、私は犬達にトリーツをあげるときはとても幸せな気持ちになりますし、できることなら無尽蔵にあげたいと思います。
でもそこは理性をもってセーブしないといけません。
でないとトリーツの切れ目が縁の切れ目になることは120%確実だからです。
とくにフリースタイルでは色んなトリックを教えたがるがあまり餌付けならぬトリーツ漬けにしてしまい、簡単なヒールやスピンでさえトリーツがないと動かなくなってしまうという最悪の状態にしてしまう場合もあります。
そうなってしまうとそこから脱出するのはかなり困難です。

「行動の基本、強化の基本はあなたの喜びを犬に伝える事」
「喜びが伝わった分だけトリーツをあげる」
このシンプルな価値観をものにしてください。
それがアウラメソッドの根っこです。
いいんです、あれもこれもできなくたって!
お互いが笑顔でいられる姿こそが感動を呼ぶのですから♪

インスタグラム始めました♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
はじめたばかりの私が言える事ではありませんがそれぞれのレッスン風景を中心にアップしています。生徒さん間の情報交換にもぜひどうぞ♪ フォローもよろしく~♪
アウラのインスタはこちら
2016aura
お役に立ったならおひとつポチッと♪
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード