カドリール開始

今日も関東平野は晴れ渡っていますね。
寒いけど気持ちいい♪
こんな日はどこかに出かけたいですね♪
私は今日までお休みです。
ホームページの編集作業したいけど・・・・
パソコンにしがみついているのは正直ちょっと辛いですからねぇ
こんな時、犬がいると「よしっ、天気もいいしちょっと出かけるかっ!」と、体のいい言い訳ができるんですが、今の私にはそれもないので自己責任において決定しなくてはいけません。
困った困った

さて、今年のグループレッスンが明日からスタートです。
グループレッスンでは毎回これをやるという決め事のない中でレッスンを続けています。
今年もそのスタイルは変わりません。
たぶんこんなレッスンやっているところはあまりないはずです。
基礎となる部分は永遠に変わらないのですが、具体的な内容はその都度違います。
そんな中にカドリールというダンスレッスンを組み込む事にしました。
カドリール・カドリーユ(カドリユ、フランス語:Quadrille、英語よみ:クヮドリール)とは、4組の男女のカップルがスクエア(四角)になって踊る歴史的ダンスで、伝統的スクエアダンスの先駆けとなったもの。
元々、4人の騎手が馬とともに四角い形をした隊列を作って演じる17世紀の軍事パレードを指す言葉だった。語源はおそらくスペイン語のcuadrillo(4)、ラテン語のquadratus(四角)と思われる。
このパフォーマンスは大変人気になり、やがて馬なしで演じられるようになった。
とWikipediaに書かれています。
このカドリールをオプデスという団体が犬とのダンスとして規定を作って広げようとしたのが数年前のことです。
カドリール規定書
シンプルな内容ですし、実際にやってみるとすごく楽しいけど難しいのでけっこうはまってしまいます。
ところがなかなか広まらない。
ひろまらない原因はいろいろありますが、まず第一に、そういった仲間が集まらないということ。
それと練習する場所がないということ。
もうひとつあげるならば、それを発表する場が示されていないという事です。
たしかに、ある程度、意識やスキルが揃っていないとみんなで楽しもうとはなりません。ましてや船頭さんがいないとどのように練習すればいいのかもわかりません。
その点でアウラはばっちり♪
みんな素敵な仲間たちですし、スキルの差もそれほどありません。船頭は私ですからなんの心配もありません・・・ほんと?
それと、場所は一人で練習するよりもはるかに広い場所が必要です。
日本でこれをやろうとすると河川敷などの人のいないところでCDプレーヤー持参でやるしかありません。
こうなると車での移動やらなんやらで、練習時間以外の時間と労力が大きくなります。
たまにならいいのでしょうが毎回となると楽しいけど疲れてしまいます。
この点もアウラは屋内、屋外ともにスペースを確保できるので雨でも暑くても寒くても練習をすることができます。
そして発表の場ですが、オプデスがその場を設けているものの、それは神戸であったり年に1度であったり、会費が必要であったりと、それなりに敷居が高いのが現状です。
この点でもアウラは独自のイベント開催を持っていますし、レッスンの延長で発表会も開けます。
場所を変えてみんなで練習会なんていうのも楽しそう♪
そんなわけでまずは半年かけてレッスンをしていこうと思っています。
牧羊犬グループ、レトリバーグループ、小型犬グループそれぞれが同じ曲で練習をして、まずはそれぞれのグループごとの完成を目指します。
それができたら3つのグループを合体させて、何十組という大きなグループで一つのチームとして表現できるものにしていきます。
このすっごくワクワクしてくる企画!アウラっぽいでしょ♪

インスタグラム始めました♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
はじめたばかりの私が言える事ではありませんがそれぞれのレッスン風景を中心にアップしています。生徒さん間の情報交換にもぜひどうぞ♪ フォローもよろしく~♪
アウラのインスタはこちら
2016aura
お役に立ったならおひとつポチッと♪
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード