犬の痛み(外的刺激編)

怒涛の週末レッスンがおわり、今日は一休み。
とはいえホームページ更新作業は続きます。1月中に終わらせるといってたのに・・・全然終わりませんっ。
さて、アウラはこのところ2頭目を迎えられた生徒さんの子犬がやってきます。
昨日はティノちゃん。レトリバとプードルのミックスで2ヶ月と10日です。
まだまだ体がぐにゅぐにゅで歩き方もままならないですが、広い空間でおもいっきり遊んで帰りました。
レトリバのグループレッスンでは大人の犬達とのふれあいもあり、半日しっかり社会化をして帰りました。
帰ってからは先住犬とパパさんと遊んで一日が暮れていきますね。
疲れている子犬はいい犬です。

他にもフリスタのグループレッスンもありました。2月から期が変わってのレッスンです。
それぞれの進捗状況を鑑みながらアドバイスをしていきます。
私は肩が痛いので、逆に生徒さんからアドバイスをいただいて、ストレッチしながらのレッスンでした。
いいのかそんなんで・・・・いいんです・・・たぶん・・・・
今日は教えて頂いた針治療にいってきます。
2回目の50肩?前回の時は痛くても動かなくても動かしていましたが、1年くらいそれが続きました。
ディスクなんてまともに投げれなかったけどそれでもやってたもんなぁ〜
今考えるとよく投げれてたと関心します。
今回はさらに痛いのでどれくらいかかるんだろうか見当もつきません。
それでも犬と向き合っているときは痛くないんだよね。
昨日もジャックラッセルやポメラニアンのレッスンでは普通に遊べてますからねぇ〜
たぶん整形外科で痛み止め打ってもらうより犬と遊ぶほうが効果があるな!

さて、その痛みについてですが、犬の痛みの感じ方についてすこしお話をします。
まずは外的な刺激に対する痛みについてです。

犬達の遊びを見ているとかなり激しいことがよくわかりますね。
犬プロはそれこそ首もとおさえてぐいぐいひっぱったり、転がりまわったりしています。
終わった後に犬の体をさわると、激しく接したところは相手の犬のよだれでべしょべしょです。
それでもどこにも怪我をしていません。(社会性のついている、噛みつきの抑制ができている犬同士の場合)
チェイスしていても、よくもそんなスピードで走って止まれるなぁと関心するくらいの動きをしています。
で、時折「キャン」という声が聞こえます。そうするといままではげしく絡み合っていた犬同士はすっと離れてインターバルをとります。
で、キャンといったからどこか怪我でもしているかというとそうではありません。
動きも洞察しているととくに問題はありません。
本当に痛かったんだろうか?
でしばらくするとまた同じように走りはじめたり、プロレスしています。
犬の痛みってどうなの?
犬は痛みに鈍感といいますが、ほんとうのところは?
実は正確なところはまだよくわかっていないのです。
いろんな検証はなされているものの、もの言わぬ犬の痛みに対する感覚はつかめないところが沢山あるのです。
しかしながら犬が痛みを感じるか感じないかといわれれば、間違いなく「痛みを感じる」です。
例えば皮膚には痛点がありますね。注射をうつと私たちは一瞬、強い痛みを伴います。
人は全身に200万~400万あるといわれています。先端部分ほどそれは密集しているため、指先、鼻先、唇、足先などはほんの少しの刺激でもつよく痛みます。
でも、時々、注射するとき「あれっ、今日は痛くない?」きょうの看護師さんは注射うまいなぁって思う事があります。
もちろん看護師さんのテクニックの上手い下手はありますが、痛くない理由のひとつが、痛点のない部分に注射針が刺さったということもあるのです。
まぁ、それはごく稀であって、一般的な注射針の太さだと痛点をよけてうつのはなかなか難しいと言います。
ちなみにお尻に注射するとそれほどいたくありません。
それはお尻にいっぱい脂肪がついているから痛くないと思っていたけど違うんですか?
いえいえ、実はお尻には痛点がすくないからなのです。
コントでもおしりをたたくし、昔の学校の先生はお尻をたたいたり、つまんだりしてましたね。
体罰はよくありませんが、すくなくとも指先をたたくよりはいたくありません。
だから注射もお尻にすると痛くないんです。
ならば次回からおしりにしてもらおうかな?
ん、それはあなたの判断におまかせします。
また、皮膚には痛点以外にも温度(温覚・冷覚)を感じたり、接触感(触圧覚)を感じたりする様々なセンサーを備えています。
痛点を含むこれらのセンサーは当然犬にも備わっているのですが、人のそれに比べて少ないと言われています。
また、その広がり方、密度も人とは異なると言われます。
そのため、外的な痛みや温度や触感にたいする捉え方が私たち人間からすると、「えっ、今の痛くないの?」「ヒーターの前にずっといて、熱くないんだぁ?」「雪の中を素足で歩いてよく冷たくないよね」ということがあるわけです。
とくに痛点は人の5分の1とも6分の1ともいわれるくらい少ないため、外的な刺激に対しては鈍感にかんじるのです。
とはいえ、痛点がないわけではありませんから、痛みの部位が広かったり深かったりすれば当然私たちと同じように痛みがあります。
この痛点は生まれたてはほとんど備わっておらずすこしづつ増えていくといいます。
そんなわけで、犬プロしていて噛みつきあいっこしたり、チェイスして転んだり、どこかにぶつかっても、そんなに痛い素振りはみせません。
で、よく見ていると、さんざん犬プロやっていて楽しそうなのに、突然「キャン」とないて、犬プロが中断されるとき、その2頭はなにごともなかったかのようにお水を飲み始めたり、トイレに出たりすることがあります。
こんな時は、実は痛かったのではなく、そろそろ休憩しませんか?といっていることがあるのです。それが「キャン」なのです。これは相手に対して弱みをみせる最大の方法です。
※鳴いた後に、足をひきずったり、何かしら症状があるときは別です。
「キャン」は弱さの証ですから、心を割っている相手だからこそできる表現です。
また、キャンといえる犬自身にもその社会性がついているから言える「キャン」ですね。
もしそうでなかったら、休みたくても、弱みをみせるのは不利だから「キャン」となけないわけです。
この感覚は人も使うことができますね。
甘噛みが酷いから、痛い時は「痛いっ」と言わないといけませんよってものの本に書かれていますね。
でも「痛いっ!」とどなったり、すごみをきかせてはいけないのです。
「キャン」=「痛いっ」であることを伝えなければかえってエスカレートさせてしまうのです。
このニュアンスは本やネットではなかなかつたわらないですよね〜
ということで、犬も痛点の密度と配置が人とちょっとちがうだけで痛みはちゃんとあるということです。
犬は痛みに鈍感というのは間違いではありませんが、痛みを伴うときは人間と同じようにやっぱり痛いのです。
くれぐれも犬をたたいて訓練したら引き締め首輪でしばりあげて言う事を聞かせようなどということはしないでくださいね。それは必ず痛みを伴っているのです。

インスタグラム始めました♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
はじめたばかりの私が言える事ではありませんがそれぞれのレッスン風景を中心にアップしています。生徒さん間の情報交換にもぜひどうぞ♪ フォローもよろしく~♪
アウラのインスタはこちら
2016aura
お役に立ったならおひとつポチッと♪
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード