小型犬との生活

今日もいいお天気ですね。3連休最終日は私もお休みです。
とくにアイディアはないのでのんびりしようと思います。

さて、週末は沢山の犬達で賑わったアウラでした。
レトリバーグループではカドリールのレッスンを屋外レッスン場で行いました。3連休のせいもあってかお休みが多かったのでお休みの犬のパートをイメージしながらのレッスンでした。
出来上がったと思っていたルーティンも、広いスペースでやってみると改善点が浮き彫りになり、みんなで思案する場面もありました。ひとまずはルーティンは完成しましたが、これを小型犬グループと牧羊犬グループでトライした時にどうなるか?
また改善点がみつかるかもしれません。
改善につぐ改善は大変な面もありますが楽しい事でもあります。
なんといっても30頭の犬と人によって作り上げていくルーティンなんて日本では聞いた事がありません。
そのうちきっとだれかがまねてくれればさらなる発展性も見込めます。
いつか一つの音楽と沢山のアウラ以外のチームも含めて発表会ができたらいいなぁって思います。
そのためにもまずはこのルーティン楽しみましょう♪

ところで現在、生徒さんのマルチーズと過ごしています。もう1週間になります。
この子は仔犬の頃からレッスンにきているのでもう4年のつきあいになります。
私のことは勿論大好きですしレッスン場も安心していられる場です。
アウラではペットホテル(狭い部屋で一日の大半を過ごしたりケージの中に閉じ込める)は行っていません。
基本的には犬はお預かりしませんが、生徒さんの犬に限ってお預かりすることはあります。
ただし最大2頭までです。自分の犬と同じように過ごしてほしいし、レッスンを行いながら一緒に楽しむためにはアウラ流の学びと社会性がなくてはうまくいきません。それに私の手も目も2つしかないですから、お互いに満足いく一日にするためにはそれ以上は好ましくないと考えています。
結果的に犬達はのびのびとレッスン場で過ごしたりいろんなところに出かけたり、デモ犬をやったりして、とても刺激的たで楽しい時間を過ごす事になります。
今ここにいるマルチーズもそれは同じです。
一日目こそちょっと不安げでしたが、今や堂々たるものです。
すこし運動不足だったような体型もなんだかがっしりしてきました。目の輝きや目力が変わってきました。
なんといってもデモ犬で一緒にいることが多いので、この子自身も期待されているという感覚が根付いてきたようです。
「さぁ、次はどんな子とのデモなの?」そうやって見上げる顔がなんともたくましく頼もしいのです。
私にとってこの感覚はとてもなつかしいものです。
アールとビンゴと培ってきたあの感覚に似ているのです。
もちろん彼らのそれにはおよびませんが、この子なりに楽しんでいることがよくわかります。
デモの後にすこしおさらいをするのですが、その時の集中力はなかなかのものです。疲れているはずなのですが、やはり達成感が集中力を呼ぶのでしょうね。
アウラにいるとレッスン場でのデモだけでなく散歩のデモにもつきあいますし仔犬達のルーデンスにも混じります。
先日は2時間以上のハイキングにもボーダーコリーと出かけました。
そんなわけでもっとも変わったのは毛の色です・・・あはは、白くて可憐な風貌がいまや茶色い犬になってしまい、枯れ葉を体中につけて走り回る姿はワイルド!
とても愛玩犬にはみえません。
それでもこうしてパソコン仕事をしている時は膝の上で過ごすし、一緒に寝る時は私の上でまるまって寝ています。
人が喜ぶところをちゃんと心得ていますね〜
明後日には帰ってしまうこの子ですが、もうすこしこの小型犬との生活、アウラでの体験をお互いに楽しみましょう♪

インスタグラム始めました♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
はじめたばかりの私が言える事ではありませんがそれぞれのレッスン風景を中心にアップしています。生徒さん間の情報交換にもぜひどうぞ♪ フォローもよろしく~♪
アウラのインスタはこちら
2016aura
お役に立ったならおひとつポチッと♪
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード