ビタミン信仰

今朝の新聞にビタミン信仰の話がありました。
アウラでは手作り食セミナーを毎年1回〜2回開催しています。それもかれこれ10数年になります。
食のことに関わる情報というのは日進月歩です。
資料となるものは毎年更新していますがそれでも追いつかないし、私の知らない事は知っている事のはるか彼方までつらなっています。
その中のひとつがサプリメントです。
アウラではサプリメントについての無効性を長年お伝えしてきました。
コンドロイチン、コラーゲン、DHA・・・・
不足しがちなビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養補給を補助することや、美容、痛みの緩和など様々な効能がうたわれる豆粒のようなものがサプリメントです。
日々、様々なサプリメント商品が新聞やテレビの広告をにぎわしていますし、ドラッグストア、スーパー、コンビニ、DIY、100均、ありとあらゆるところで流通しています。
各社も自社のサプリメントの良さを有名人などを使って、効果の程を表現しています。
しかし、そうした表現の端っこに小さく書かれている表示をご存知でしょうか?
※これは個人の感想であり効果を保証するものではありません・・・・
※自社データ比較・・・・
そうです、残念ながらどんなにすごく何かが詰まっているサプリメントであってもその効果は数値化してあらわすことができないのです。
なぜ?
応えは単純です。あえて書きませんが・・・
ただ、社会的な背景を考えれば、こうしたことをストレートに答えを出してしまうと多くの会社が大変なことになってしまいますし、信じて使っていた人達にショックを与えてしまいます。
そのため新聞などはなかなか書きたがらないというのが現実でした。
だって新聞だってサプリメーカーから広告料もらって新聞作っていますからね〜
それが近頃はそうではなくなってきました。
今日の記事もそのひとつです。
ビタミンサプリメントは100害あって一利なしというくらいまでデータを元にして書いています。
ビタミンサプリメントを毎日摂取しつづけることで健康を害してしまうからやめた方が良い、各種ビタミン剤を長期摂取しても、健康上の有効性はないと言い切っているのです。
そして2015年12月には内閣府・食品安全委員会が健康食品に関する専門家会議の審査結果を19のメッセージにまとめたことにも言及。そのむひとつが「通常の食事をしていれば、ビタミンやミネラルの欠乏症が起きる事はまれだ。ビタミン・ミネラルをサプリメントで補う必要性を示すデータはいまのところなく、むしろサプリメントの取り過ぎが健康被害を起こす事がある」というもの。
内閣府が重い腰をようやくあげて、これを新聞がとりあげたことに私は大きな評価をしたい。
しかしながら、人においてはようやくここまでたどりついてはいるものの、もの言わぬ犬達のサプリメントははっきりいってザル状態です。
効能もなにもないものを人のそれよりはるかに高価な値段で販売することが日常化しています。
そしてそれを服用したら○○が治ったとか、よくなったという犬ではなく飼い主さんの感想をいたるところで目にする事ができます。
まぁ、むかしからこの手のものはそこら中であるわけですから、なくなることはないと思います。
それに信じる事でそうなっていくという世界観もないわけではありません。
「信じる者は救われる」
だから使う事を否定はしませんが、人に勧めるのはよしましょう。
それは新興宗教に勧誘するのに似ています。
いや、それもあってもいいのかもしれませんが、少なくともアウラの手作り食セミナーではサプリメントの利用は推奨しておりません。


インスタグラム始めました♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
はじめたばかりの私が言える事ではありませんがそれぞれのレッスン風景を中心にアップしています。生徒さん間の情報交換にもぜひどうぞ♪ フォローもよろしく~♪
アウラのインスタはこちら
2016aura
お役に立ったならおひとつポチッと♪
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード