犬は人によって伸びもするが縮みもする

雨ですね〜今日は一日降るのかな?
今朝の新聞にフィギュアスケートの小塚崇彦さんに第一子が産まれたとありました。おめでとうございます。
小塚崇彦さんといえば日本のフィギアスケートを支えてきた一人としてだれもが知るところです。
昨春、「氷上を去る」という言葉とともに競技生活に終止符を打ち、トヨタ自動車に入社したが、そののびやかで静的な中に躍動感のある表現は記憶に新しい。
小塚崇彦さんは代々フィギアのサラブレッドであり、父親がコーチという名家でした。
フィギアの場合、全体を総括するコーチは技術的なことだけでなく振り付けや音楽についてもアシストしている。
普段の生活から仕事の場である氷の上でも父親が傍にいるというのは良い面もあるだろうが難しい面もあったと察します。
しかし彼に限らず浅田真央さんにしても羽生結弦さんにしてもコーチと二人三脚で何年も学びを共にしている。
一流になればなるほどその絆は深いのが世の常だ。
その関わりは結果ともリンクしてはいるが、それだけではないところに人間味というか、筋の通った人格形成のようなものを感じます。
逆にそうした軸のぶれる人はコーチも次々と変わるだろうし結果も出ないだけでなく引退後の成り立ちにも影響が出るのかもしれません。

私もフィギアではないがK9フリースタイルというダンス要素のあるレッスンを持っています。
レッスンではフィギアと同様に基本的な技術指導から振り付け、音楽、構成、ありとあらゆるところにアドバイスをしていきます。
マンツーマンではそれがより濃く表されますし、グループでは他の方の演技や指導を見て取れるというメリットがあります。
一人で沢山の人と犬を見ていると似てくるところもありますが、私は基本的にはそれぞれの軸に沿ってアシストしています。
ですからたとえ何かに似ていたとしても、それはその人と犬の今の軸にあるものですから、それでいいわけです。
というかむしろそれが自分自身なわけです。
ところが、いろんな人からあれもこれも習っているとなるとそれは違ってきます。
アウラにも以前そうした方がいらっしゃいましたが、結果につながらないどころか、犬がどんどん潰れていってしまうのです。最後のほうは、人はニヤニヤと楽しそうにしているが、犬はカーミングシグナル満載で呼び戻しすらできない状態でした。
私は断腸の思いでアウラをやめて頂きました。
私が悪者になってもいいから、とにかく犬にこれ以上負担をかけさせたくなかったのです。
羽生結弦さんがブライアン・オーサコーチと佐藤信夫コーチからコーチングされたら今の彼はないどころか潰れていたでしょう。
どんな世界でも、どんなに一流であってもそれは同じです。

犬は人によって伸びもするが縮みもするのです。
私たち教える側も受ける側もそれを胆に銘じて向き合わなければ、犬はただの人間の自己満足の道具となってしまいかねないのです。
アウラではそういう環境も人も持たないし、持ちたくないと思っています。

インスタグラム始めました♪それぞれのレッスン風景を中心にアップしています。フォローもよろしく~♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
アウラのインスタはこちら
2016aura
お役に立ったならおひとつポチッと♪
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード