101後記 おたまdeゴー

雨ですね〜
早朝はまだ降っていなかったのでひとっ走りしてきましたが、途中からぽつぽつと降り始めました。
今日は一日雨のようです。お出かけのみなさん、レッスンにお越しのみなさんお気をつけてお越し下さいませ。

さて、101後記は最終ゲームのおたまdeゴーにはいります。
ルールについてはこちらから
イベントページ
このゲームもフラッグと同じくチームで行うゲームです。
いかにはやくコップの水をあふれさせるかという単純なゲームですが、これが毎回白熱戦となります。
おたまに水をいれて犬とヒールするため、みんな真剣です。
犬への集中と水をこぼさないようにすることと、隣の対戦相手を気にしつつと、いろんなことに意識を持たなければなりません。この感覚が犬に伝わるため、この場でぐっと成長をみせる子もいます。
逆にあわてすぎて水を運べなかったり、途中でリードがからまって身動きとれなくなったりと、ハプニングも多くて、最後まで目が離せません。
疲れた身体に最後のエネルギー充填です。
トーナメント方式でどんどん勝ち上がっていきます。
一回戦1組目はG-SHOCK VS NIKUKYU CLUB
G-SHOCKはレトリバーだけで構成されたチームですから忍耐強く丁寧にやることは得意なはずですが、一方ではハチャメチャな感覚があるのもレトリバーです。
相手はコーギーとゴールデンで構成されたNIKUKYU CLUBです。こちらは林さんとパンちゃんも参加するので給水ポイントの距離をすこし変更しています。変更してもやることは全員同じですのでハンデはなしです。
気合いの入ったヒールで全員がおたまで水を運び続けます。
勝ち上がったのはG-SHOCKでした。僅差の戦いに大きな拍手がわきます。
続く2組目はワンダーランドベイビーズとミックスナッツ
ワンダーランドはかわいい小型犬だけのチームです。それに対してミックスナッツはボーダーコリーとEコッカースパニエルの複合チーム。しかもボーダーはいろんな色だらけ。つまりまるでミックスナッツの缶のよう。で中身もごちゃごちゃ。
私は早朝に「この缶にはいろんなナッツが入っているけど、取り出すたびにコーンだぁ〜」とハッパをかけましたが、なんのなんの、くるみやアーモンド、カシューナッツにヘーゼルナッツ・・・みんな素晴らしいミックスナッツです。
さぁその対戦ですが、結果はワンダーランドベイビーズの勝ちでした。・・・・ん〜やっぱりコーンかな(笑)
続く3組目はぺんたWAN対吠えるパンダ犬です。
ぺんたWANはワンダーランドと同じく小型犬で構成されたチームです。的場さんや上瀧さん品川さんといったベテランハンドラーに加え田中さんと竹井さんの初心者ハンドラーを交えたチームです。
ベテランハンドラー達の行動をみながらその場で学べるのも101のいいところですね。吠えるパンダ犬は白黒のボーダーコリーだけで構成されたチームです。ボーダーコリーはよく吠えます。だから吠えるパンダ犬なんですね〜
かわいい小型犬達が荒くれボーダーコリーと対戦・・・・声援はあきらかにぺんたWANに加勢!しかしながら結果は吠えるパンダ犬に軍配があがりました。
最後の組は硬直機動隊といつも一緒にです。
硬直機動隊は小型犬だけで構成されたチームですが、全犬ともにシャイなところがあるチームです。恐がりな条件は色々ですが、それを隠さず堂々と表現する中で前向きにゲームをする。この感覚が全ての人と犬を高めてくれます。
裏側からみれば、できないことを恥ずかしがる人や隠そうとする人はここには出れないということですね。
「うちの犬は社会化できていません・・・・でもここまでできるようになりました・・・・なんといっても私も犬も楽しんでます」
この方式が大事なんですね〜。
結果はあとからついてきます。
いつも一緒には病気のため前日のファンマッチをキャンセルして今日に至るサリーちゃんとその仲間で構成されたチームです。前葉さんは訓練士さんです。岡田さんと小西さんはフリースタイルにも参加とベテランハンドラーです。
この強豪チームとの対戦は、いつも一緒にが勝ち上がりましたが、硬直機動隊はちゃんと最後までゲームを続け、コップの水をあふれさせました。次のゲームには行けませんでしたが、確実に行動は示したということ。これは大きく評価できることだと思います。
さぁ、2回戦に入ります。
このゲームはフラッグ同様に体力も必要なゲームです。
一日中、犬と走り続けたこの日のラストにふさわしいゲーム!
G-SHOCKとワンダーランドベイビーズの対戦
大型犬のヒールでのハンドリングは自分の腰あたりに犬がいるので、おたまを見つつ犬も視界に入ってきますが、小型犬はそうはいきません。どうしてもかがみ腰のハンドリングが要求されますから大変です。
結果、僅差でしたがG-SHOCKの勝ち上がりです。これでG-SHOCKは決勝戦に進み、ワンダーランドベイビーズは3位決定戦に進みます。
続くは吠えるパンダ犬といつも一緒にの対戦です。
コート内はボーダーコリーだらけです。スピードも速いし正確です。こうしたことはやはり得意ですね。
まだ体調が思わしくないサリーでしたがゲーム中は素晴らしい集中でしたね。
結果はいつも一緒にが決勝に、吠えるパンダ犬はワンダーランドベイビーズとの3位決定戦です。
で、3位決定戦はジャパニーズルールのじゃんけんか、もう一度対戦するかを選べます。
ワンダーランドベイビーズの熱烈な希望で対戦することに決定・・・・しかしこれが、これが残念な結果に(笑)
いやいや、対戦する意義はおおいにありましたね。ウィークポイントも見つかるし、一緒にがんばった時間は確実に増えたのですからね。
ということで3位は吠えるパンダ犬となりました。
さぁ、決勝戦です。
ここまでお互いに個々のスキルの高さとすばらしいチームワークで勝ち上がってきました。実力は五分と五分。どちらのチームに女神が微笑むのか?
レトリバーがレトリバーにバトンタッチしていく感覚は、微笑ましくも、とても良い仕事をしている感じがします。
それに対してボーダーコリー達は同じく仕事をしている感覚ではあるものの、これは私の仕事じゃないなぁって感じがします。面白いですね〜
結果はいつも一緒にが僅差でコップの水をあふれさせて優勝です。
第二位はG-SHOCK
ほんとみんなよくがんばりました。
終わった後の疲れ切った姿の中に大きな達成感を感じますね。これが成長の原動力になるのです。
さぁ、これで全てのゲームが終了しました。
いよいよこの後は結果発表と閉会式です。
この後記はまた明日〜

おたまdeゴー
1位 いつも一緒に
2位 G-SHOCK
3位 吠えるパンダ犬
いいなぁって思って頂けたらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

インスタグラム始めました♪それぞれのレッスン風景を中心にアップしています。フォローもよろしく~♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
アウラのインスタはこちら
2016aura
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード