賢さとは

台風が来ていますねぇ
長崎はすでに暴風雨圏内に入っているようです。
警戒と早めの避難が必要です。

さて、今日は犬の賢さについてお話したいと思います。
私たちのパートナーである犬の知能については様々な見識者や学者があれこれと述べていますので、あえて今更というところではありますが、私なりの解釈をお話したいと思います。
まず、知能の測定というとIQ(知能指数)がよく使われます。
これは数字であらわした知能検査の結果の表示方式のひとつで、高いほど知能が高いことを、低いほど知能が低いことをあらわします。
また、検査によってはより細かい「言語性知能検査」と「動作性知能検査」も決定するわけです。
では犬のIQは高いの❓低いの❓
はい、残念ながら犬はこのテストを受けることができませんのでよくわかりません。
ただ、言語も喋れないし、どうさとしても道具も使えないので、もし受けることができたとすれば人よりかなり劣るだろうと推測され、いっぱんてきな年齢で換算すると3〜4歳と例えられます。

けれどIQが高ければ賢いかというとそんなこともないのです。
IQは抽象的思考能力を表わすものであって、テストで良い点数が取れるとか数字化した能力です。
これに対して、実社会では具体的思考能力が必要となります。
例えば
 ラブラドルのアールくんは、私から1000円の入った財布とバスケットを受け取り、コンビニに行きました。そこで私の好きなパン1個100円と私の好きなアイス2個200円と私の好きな本1冊600円を買い、お釣りを100円貰いました。
これは正しいでしょうか❓
そうすると、I.Qの高い人は
1000-100-200-600=100円なので、正解という答えを簡単に出すでしょう。
しかしこれは抽象的思考能力であって、テストであれば○ではあるがじっしゃかいではどうか❓
 具体的思考能力は、場面が目に浮かぶ様に考える。
アールは買い物のトレーニングができているのか。
コンビニに犬が入れるのか。
ここは日本か❓もし日本であればそもそも犬がリードなしでは歩けないだろう。
飼い主の好みのぱんやアイスをどうやって認識したのか。
店員に商品を取ってもらったのか❓それともメモ書きで確認したのか❓
夏であればアイスは溶けはしないか❓
この様に具体的に思考するわけです。
有名国立大学を出たからといって素晴らしく社会に適応できるかというとそうではないこともあるわけで、今の国会中継を見ていればいかに馬鹿げたことを討論しているか・・・でもあの人たちのI.Qは私よりはるかに高い(笑)
このようなことから賢さというのは実生活では数字じゃあ測れないということなのです。
ですから犬のI.Qが低くても全く問題はないのです。
むしろ実生活の中で様々な判断ができる能力を身につけることが重要な訳です。
その為にも社会化というシステムを社会化期のうちにしっかり身につけること。そしてさまざまな経験を通して具体的思考能力を高めることが大切な訳です。
また社会化期以降も様々な経験を継続することで思考は高まるため、判断できることも増えてストレスも軽減することができると考えられます。
ちなみにアールは買い物のトレーニングはしていませんので今の話はバツでした〜

手作り食セミナーのご案内♪
7月22日で決定です。
すでに何組かのエントリーいただいてます。
いつも通り少人数での開催となります。
詳細もイベントページにアップしましたのでご確認ください。
食について、
人も犬も共有できることばかり。栄養学では語れません。もっと奥行きのあるところで学んでいきます。
どなたでも参加可能です。一生に一回、食と命についてまるっと一日、しっかり学びませんか♪
いいなぁって思って頂けたらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

インスタグラム始めました♪それぞれのレッスン風景を中心にアップしています。フォローもよろしく~♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
アウラのインスタはこちら
2016aura
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード