犬のヒゲって

今日も太陽とにらめっこ‼️
暑くなりそうですねぇ
昨日はひさぁしぶりにトゥインゴを洗いました。
前回洗ったのいつだったかなぁ❓いゃあ、きれいになりました。
まだ新しいのにかわいそうなトゥインゴ。
でも大事にしているんですよぉ
そしたら、帰りに、後ろについたのが、同じ色のトゥィンゴ‼️
キャンバストップをあけて、上から手をふってご挨拶
あはは、洗っといてよかったねぇ

さて、車には洗車❓
犬にはひげ❓
全然関係ありませんね
いやいや、昨日のにおいで景色を見るという行動に続いての話です。
犬にはひげがありますね。人にもひげはありますし、猫にもあります。
でも実はこの毛には2種類あるってご存知でしょうか❓
通常、私たちや犬の体全体に生えている毛を体毛と呼びますね。それに対して口のあたりにある毛を洞毛と呼びます。
体毛というのは、皮膚の保護や体温の維持が主な役割ですし、人の頭髪であれば自己主張やファッションとして、犬であれば全体の被毛が自己主張とボディランゲージのツールとして機能しています。
世の中にはペットという部門があって、その動物たちは本来の目的とはまったく無関係に造作されたファッションとして被毛を剃り上げたりふかしたりしています。それはそれでかわいらしくて良いのですが、犬同士からすれば滑稽でよくわからない相手としかうつりませんし、当のファッションを身にまとった犬もボディーランゲージを出せなかったり通じなかったりして、他犬から嫌われたり誤解されるためストレスになることもあります。
とくにサマーカットといわれるまるがりは最悪です。ボディランゲージどころか皮膚の保護や体温の維持すらできなくなるので犬は苦しいばかりです。時々ライオンカット❓という顔としっぽだけ毛を残してあとは丸刈りのゴールデンとかをみると、なんとも哀れでしかたありません。
でもまぁ、それも犬の役割ですから仕方ないですね。
で、もうひとつの毛、「洞毛」ですが、これは犬や猫、犬などの哺乳類に関わらず生物の毛状の感覚器官全般を指します。
※人の口ヒゲだけは洞毛ではなく体毛です。
感覚器官ということは何らかの刺激(情報)を受け取って中枢神経系へと伝える大切な器官です。
ヒトの場合、その代表的な感覚器には、目、耳、鼻、舌、皮膚などがありますが、犬たちにはひげ(洞毛)もそのひとつなのです。
ひげの毛根にはたくさんの神経があり、目や鼻とおなじように受容体となって脳に情報を送る大切な器官なのです。
たとえば温度や湿度の変化や風向きや風の強さ、触れることで物の動きを感じたり、食べ物のありかを探したりすることができます。さらにはひげを動かすことでボディランゲージを出すこともできます。
夜間の行動では、犬はひげによって空間認知をすることができます。
つまり、ひげは、目、耳、鼻、舌、皮膚と同様になくてはならない器官なのですね。
仮にあなたが耳が聞こえなくなったとしたらどうですか❓
それだけで不安になり、ストレスを感じると思いませんか❓
犬のひげを切るということはそういうことを示しているのですねぇ
もちろん、ファッションとして自分が遊びたいのであれば、犬はそれも生きる役割の一つですからひげを切ることは反対はしませんが・・・本来はそういうことだということをぜひ知っておいてほしいですね。
手作り食セミナーのご案内♪
7月22日で決定です。
すでに何組かのエントリーいただいてます。
いつも通り少人数での開催となります。
詳細もイベントページにアップしましたのでご確認ください。
食について、
人も犬も共有できることばかり。栄養学では語れません。もっと奥行きのあるところで学んでいきます。
どなたでも参加可能です。一生に一回、食と命についてまるっと一日、しっかり学びませんか♪
いいなぁって思って頂けたらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

インスタグラム始めました♪それぞれのレッスン風景を中心にアップしています。フォローもよろしく~♪
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード