水と塩と糖の関係

うえぇっ、あついですぅ
昨日も強烈な暑さでしたけど今日もすごそうです。
レッスン場と駐車場の間は歩けばわずか1分ほどですが、歩道はアスファルトだし犬のパッドのためにはなんとかしたいところです。バックで指導側に止める勇気のある方はぜひどうぞ・・・ただしぶつけても責任負えません。
4台まで止められます。
さて、レッスンとは話が違いますが、ご存知の方も多いですが、私は甘いものがだ〜い好きです。
それも異常なくらい。だからといって砂糖をなめているわけではありません。控えめな甘さが好きですね。
で、カブトムシのごとくいろんな甘味をみなさんからいただくわけです。
最近では、有名なパン屋さんのパンです。
ここの小倉あんパンは絶妙な甘さです。もう、小倉アンの中に入りたいくらいです。
いつまでも食べていたいとおもいつつ、知らぬ間に次のパンに手がいっているのがおそろしいのですが・・・
で、さらにビールも飲むし、絶対糖尿病になるよねっていう感じですが、動いているから消費しているみたいです。
いまのところ大丈夫です。
えっ、なんの話❓
いやいや、夏は糖質と水分は必須なのです。もちろん塩分はさらに必要です。
水だけじゃダメ?汗をかいたら塩分(ナトリウム)も補給
私たち人間は暑いと大量に汗をかきます。それを補うために発汗量に見合った量の水を飲もうとしますが、ある程度まで飲むと気持ち悪くなって飲めなくなります。
これは水だけを飲むと血液のナトリウム濃度が低下して、それ以上水を飲むと危険だという体からのSOSなのです。
そこでナトリウム、つまり塩分を含んだ水を飲むほうが効率的というわけです。ポカリスエットなどのスポーツ飲料が良いといわれるのはそのためですね。
ではポカリスエットには塩分だけが入っているかというとそうではありません。実は糖質がちゃんと入っているのです。
糖を含んだ飲料は腸管での水分吸収を促進し、腸管内で塩分一緒に効率的に吸収されます。つまり水分も吸収されるというわけです。
では、犬はどうかというと、犬はご存知の通り汗をかきませんね。
だからこうしたことは必要ないと思われがちです。
けれど実はそんなこともないのです。
暑いと、水をがぶのみする子がいます。そうすると逆に脱水症状に陥ることがあるのです。で、水を飲んだにもかかわらず、辛そうにしていたり、疲れ果てて立ち上がれない・・・もしかすると脱水症状かもしれません。
そんな時はぜひポカリスエットを水で半分くらいに希釈して与えてあげてください。
犬ポカリというのも売っているようですし、幼児用のものも使いやすいです。
細かなことはさておいて、大雑把でいいので水だけでなく塩と糖が大事と覚えておくといいですね。
で、与えすぎると逆効果ですからね。

手作り食セミナーのご案内♪
7月22日で決定です。来年はやらないかもしれません。
すでに何組かのエントリーいただいてます。
いつも通り少人数での開催となります。
詳細もイベントページにアップしましたのでご確認ください。
食について、
人も犬も共有できることばかり。栄養学では語れません。もっと奥行きのあるところで学んでいきます。
どなたでも参加可能です。一生に一回、食と命についてまるっと一日、しっかり学びませんか♪
いいなぁって思って頂けたらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

インスタグラム始めました♪それぞれのレッスン風景を中心にアップしています。フォローもよろしく~♪
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード