なんちゃら症候群

今日も暑そうですねぇ
ジョグがんばってますが、この夏を走りきるには何かが必要だな・・・

さて、先日、生徒さんから「ボーダーコリー衰弱症候群」(Border Collie Collapse, BCC)ということでお話をいただきました。
どうやら一部の方達の中で共有されている未確立のプロトコルのようで、とある犬の情報を収集したサイト(私の個人的な意見ではあるが、こういうサイトの大半は情報や知識だけで、知恵がないし、その筆者の犬は登場しないし、その筆者と犬がどれだけ素晴らしい関係にあるか、ということには触れていない・・・というか触れられるものがないのだろう)
からの発信があちこちに広まっているようです。
元になっている情報はこちらです。
ミネソタ大学
そこからの抜粋ですが、
ボーダーコリー衰弱症候群(BCC)は、激しい運動によって引き起こされる神経系障害である。BCCは、北米、ヨーロッパ、オーストラリア全域で認められ、勤務用の犬や敏捷性やフライボール競技に参加している犬、または繰り返しボールを回収している犬で観察されています。この障害は、運動誘発崩壊(EIC)、運動誘発高体温、ストレス発作および「ウォブル」とも呼ばれている。

冒された犬は安静時に正常であり、健康に見えます。典型的な虚脱エピソードは、運動の開始から5〜15分後に始まり、失見当識、退屈な援助または焦点の喪失を含む; 揺れ、驚異的で横に落ちる。歩行中に各肢の誇張された持ち上げと不安定な歩行; 後部および/または前脚の擦過傷、および旋回時の脚の交差。影響を受けた犬が特定の日に崩壊する傾向(興奮、熱、運動の強さ)に寄与するすべての要因は決定されていません。いくつかの犬は運動中に比較的正常に見えますが、運動が中止されてから約5分間だけ症状が現れます。犬は5〜30分間異常であるが、その後、跛行や筋肉のこわさや不快感がなく完全に回復する。

というものです。
で、これは遺伝疾患ではありません。いまのところ・・・たぶ将来的にも。
ただ、ボーダーコリーなどの多くの使役犬というのは脳幹のゲートがゆるいため、薬物でもストレスでも運動からくる興奮でも、それこそ飛んでいるハエにでも強く反応を示します。
ですから、適度な運動には適度な休憩が必須ですし、交感神経をやすめ副交感神経を有効にしてあげる必要があります。
ゆえに正しいドッグトレーニングというのはとても大切なプロトコルなのです。
以前来ていたボーダーコリーはそういうことが施されておらず、フリスビーは好きなだけやらせ、思うようにさせていました。そうなるとフリスビー中毒?、ボール中毒?とも見えるように、それに向かって激しく吠えたり、それをせがむが故にそれ以外のことが目にはいらなくなる・・・・あるいはそれをするためにおすわりもふせも待てもヒールもやってしまう。
ただしそれを持っていることが認識できている時だけ・・・
そんなボーダーコリーやラブラドール、コーギーといった使役犬が世の中にはたくさんいます。
もしこうした犬たちの行動に名前をつけるとしたら「フリスビー中毒症候群」とでもいうのでしょうか?
はっきり言います。
そんなものはありません。
すべては飼い主さんの取り扱い方次第です。
以前にも「権勢症候群」(アルファシンドローム)というのが盛んに言われた時期がありました。
それはあたかも遺伝疾患のようにいわれており、飼い主さんに歯をむく、威嚇する、噛み付くという行動に対する代名詞のようにうたわれました。
しかし、それは事実ではなく、単に飼い主さんの取り扱いが悪かったり、個体によって行動の違いがあることを理解できずに飼っていることからストレス行動に出ている・・・そんなものでした。
しかしいまでも間違った情報を垂れ流しているプロやくだらない情報サイトがたくさんあります。
そして大抵はリーダー理論で締めくくられるのです。はぁって感じです。
・・・  ・・・バカ・・・・メキシコ移民のサクセスストーリーの見過ぎなんじゃないか?あれは日本でいうところのバラエティ番組だからね。ほら昔、日本でもやってたでしょ、なんとかチャンピオンっていうやつ。あれで犬のしつけチャンピオンとかやってましたね。私にもオファありましたが、話を聞いて丁重にお断りしました。犬を視聴率とるための道具にするなんてお断りです。
もっと現場を知ってからものを言えよって思うのは私だけではないでしょうが、情報を規制する術はありませんから、見る側の判断に委ねられるところです。
おっと、ついつい気持ちが高ぶってしまった。これはおっさん症候群だなっ
で、何を言いたいかと言いますと、情報のプロトコルが不明なものを信用するなということです。
そして、自分の犬と楽しく幸せに過ごすための努力をしなさいということです。
遊び、学び、休みの繰り返し・・・・大切です。

手作り食セミナーのご案内♪
7月22日土曜日
以前に出られた方も参加可能です。もう一度再認識したいという方、ぜひどうぞ。まもなく締め切ります。

詳細もイベントページにアップしましたのでご確認ください。
食について、
人も犬も共有できることばかり。栄養学では語れません。もっと奥行きのあるところで学んでいきます。
どなたでも参加可能です。一生に一回、食と命についてまるっと一日、しっかり学びませんか♪
いいなぁって思って頂けたらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

インスタグラム始めました♪それぞれのレッスン風景を中心にアップしています。フォローもよろしく~♪
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード