犬と音の関係その1

台風、思っていたよりすごかったですね。
みなさんのところはいかがだったでしょうか?
まだのろのろと北へ移動しているようです。
夏休みで移動していらっしゃる方は十分にお気をつけくださいね。
さて、先日のレッスンの際に掃除機に興奮するという話がでました。
掃除機の話は何度かしていますが、改めてひとつ。
そもそも犬は高周波の音が聞こえるためモーターが高回転で回っている音は私たち人間に聞こえる音とは異なる音としてとらえているはずです。
ピアノの鍵盤で例えるなら、高音部分に鍵盤を30以上足したところの音が聞こえるわけです。
しかも音の大きさにたいしてもかなり敏感で、通常なら人間には聞こえないような弱い音でさえ拾えてしまいます。
こうしたことから、掃除機の音や電動工具、もしかするとハイブリット車のモーター音などは犬にとって驚くほど大きな音に聞こえていることが想像できます。
さらに掃除機のように、ある意味で動物的な形と動きをするものが犬の目の前を右往左往したならば
飛び上がらんばかりに興奮するわけです。
とくに仔犬の頃はそれが遊び相手に転じることもあり、掃除機をかけはじめると条件反射も混じり掃除機にむかって噛み付いたり追いかけたりほえたてたりするようになるわけです。
では、なぜ犬たちはこんなにも音に敏感なのでしょうか?
そして条件づけられてしまったこまった行動を改善するにはどうすればいいのでしょうか
それはまた明日〜

アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー
いいなぁって思って頂けたらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

インスタグラム始めました♪それぞれのレッスン風景を中心にアップしています。フォローもよろしく~♪
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード