人生、犬生の大半は点数や金額ではない

日差しがしっかりと顔を照らしてくれるそんな朝ですね。
雪かき、週末の水道管破裂とバタバタの中でのレッスン、なんとかできました。
色々とご迷惑をおかけしましたことお詫びもうしあげます。
また、そんな中、レッスンにお越しいただきましたことありがとうございました。
さて、フリスタのグループはお休みだらけでしたが、最年長のゴールデンのマロンが元気な姿をみせてくれました。
まもなく15歳、人間でいえば120歳に達するかという高齢です。
小型犬なら20歳近いということですからそうとうな高齢ですが、アウラでの姿は若々しく、どうみても10歳程度です。
しかし家では寝てばかりで、散歩の時間も減ったり、雪遊びも若い頃のようには喜んで遊ばないそうです。
そうなると、生徒さんも気持ちが落ちてしまいなんとなくレッスンも乗りません。
当然ながらマロンも床のにおいばかりかいで集中がとれません。
生徒さんは言います、「最近集中力がなくなって、どうにもならないんです・・・・」
私は小さなアドバイスをしました。
そのアドバイスは文章には書き記せませんが
それを聞いた生徒さんは一瞬にして変わりました。そうするとマロンも変わります。
音楽をかけて1曲踊り始めます。
いままで床のおやつを探していたあの姿はもうありません。
一瞬たりとも生徒さんから目を離さず、もちろんトリーツなんて必要ありません。
嬉々として踊る姿、そして笑顔で迎え入れる生徒さん・・・・この一体感こそがダンスの醍醐味です。
コマンド出して、餌持って、「これやるからダンス踊ってよっ」ていう命令じゃないのです。
私の中ではそれは「犬でダンスを踊る」
この日の生徒さんとマロンは「犬とダンスを踊る」
この違いわかりますでしょうか?
前者は犬は道具です。車でドライブに行くというのと同じです。
生徒さんとマロンの場合は犬が中心です。
見た目には同じに見えますし「犬でダンスを踊る」そういう方に限って言葉が巧みです。
自分を擁護する言葉をたくさん持っています。
そうなるともう一般の人には見分けがつきません。
もちろんそんなのがあってもいいですし、それはそれですから好きにやればいいことです。
私は干渉しません。
ただアウラにはそういうダンスの概念はありません。

生徒さんとマロンのダンスは特別なトリックが入っていたり難易度の高い要素がたくさんふくまれているわけではありません。衣装だって練習ですから普段着です。
それなのに深い深い感動がある。
自分の中に大切な何かを受け取ったようなそんな感覚・・・それは自分だけのものであって無形の資産・・・そうイマジネーション、インスパイア、バランス、感性、愛、衝動、共鳴、分離、解放・・・・点数や順位ではあらわせない部分が多くを占めています。
だからそのペアのようになろうとか、目指すものではない。もちろんあこがれはあってもいいが、だからといって同じように練習したからそうなるというものではありません。
ウサインボルトのように練習したら9秒台でみんな走れるようになるかといえばだれもならないのですって前にも書きましたね。
長嶋茂雄さんのインタビューの言葉を思い出します。
「あなたがいま一番したいことはなんですか」
長嶋茂雄さんはこう答えました。
「走ること」
長嶋茂雄さんはご存知のように脳梗塞で体が不自由、そして高齢です。
それでも毎日の散歩は欠かさず、積極的にいろんなことに関わられている。
もちろん若かりし日の活力や行動とは違います。
ですが、彼はいまでもアスリート
そして、その行動に私たちはインスパイアされ、感動を力に変えていけるのです。
年寄りだからできない、歳をとったから集中がとぎれる、もう何もしない方がストレスがなくていいのでは?・・・・
もし私が高齢になるまで生きていられたなら、そんなことを言う人とは絶交だ・・・笑
愛は歳をとらないのですから
そう思えたらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード