インフルエンザ

いいお天気ですね
今日もはりきってまいりましょう。
えっ、インフルエンザ?
全国的にかなり流行っているみたいですね。
インフルエンザは流行する型が亜種を含めて20種類以上あるそうです。
このブログでもよく登場する国立感染症研究所によると、検出報告数は、
AH1pdm09型が最も多く、
次いで、A(H3)型、
B型となっているそうです。
AH1pdm09型は、2009年に「新型インフルエンザ」として大流行した型です。まだ記憶に新しいですよね。
あの時ウィルスについてそうとう学びました。
マスクをしていてもそのマスクの上で何時間もうごめいているウィルス、空気中のどこにでもいるウィルス
目に見えないだけにほんと不安になりますよね。
この新型インフルはその後、流行が沈静化しましたが隔年で流行しています。
つまりなくなってはいないということですね。

それぞれに効果のあるワクチンが異なりますから、すべてに備えようとすれば3種類4種類ものワクチン摂取が必要になりますが、そんなことする人はいませんよね。
ところが犬の場合は混合ワクチンという型で5種類以上のワクチンを一気に摂取します。
ここで疑問をもった方は危機感覚がしっかりしているかな?
犬だからいいんじゃないのって思った人は・・・・ぜひご自身も病院にいって4種類のワクチンを一気に接種してくださいと言ってみましょう。
おっと話が飛びました
で、その感染ですが潜伏期間は、ご存知のようにわずか1~2日と非常に短いのが特徴です。
実はインフルエンザウイルスは、発症する1日前から感染力をもっているといわれています。つまり、感染した瞬間から感染力をもっているということになります。
でも感染した直後なんてまだ高熱が出ているわけでもないし、風邪かな、あれ疲れているのかな・・・そんな感じですよね。もちろんマスクなんてつけてませんし、不特定多数の人と接触します。
症状をはっきりと感じることのない時点から感染力をもっているとなると、感染拡大を止めることが容易ではないですから、学校などで集団感染、学級閉鎖という流れができてしまうのです。
感染力は、発症後一週間程度まで持続し、特に発症してから3日ほどは感染力がピークに達すると考えられています。
よって3日目あたりが一番ウィルスを排出している状態ですから安静、そして出歩かないことが必要です。
新型インフルエンザも他のインフルエンザも致死率は0.1パーセント未満ですから、安静にしていればやがておさまります。でもお年寄りや妊婦さん、幼児や病気の方にとってはそうではありませんね。
防ぎようのないインフルエンザです。
一番はよく食べよく寝てよく動き、毎日笑顔で過ごすこと。これが私の対策です。ちなみにワクチンはもう十年以上接種していませんがインフルにはかかりません。
あっ、もちろんだからといって今年はどうだかはわかりませんよ。
インフルエンザウイルスの感染はマスクでは防ぎようがありませんが、マナーとしてマスクをすることは好ましいですね。
きょうも笑顔でいこうと思ったらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード