トヨタウィッシュ試乗記

今朝は代車を受けとって、明日の川レッスンのために川の視察にいってきました。
ということで試乗記です。

代車はおろしたての新車、トヨタのウィッシュです。7人乗りのミニバンなのでビンゴもしっかり同乗させて出発です。もちろん汚れ防止対策は万全です。
ウィッシュはエンジングレードが2ℓと1.8ℓの2本だて。NA(ターボ等のついていないエンジン)でそれぞれ152馬力と143馬力、車重がミニバンのわりに軽くて1,430kgと1,370kgということもあり、エコノミーモードでもそれなりに走ってくれる。最近の車は静粛性があがっていることもあり、エンジン音はほとんど聞こえて来ない。
勿論加速するとそれなりにうなりはするが、ハイブリット車のエンジンのように苦しげなことはない。
むしろシンプルなエンジンの走りが楽しめる。今回乗っているのは1.8ℓエンジンだがこれで十分!
燃費は市街地から渋滞、ある程度スピードの出る田舎道も含めて8.1km/ℓとまぁまぁの燃費だ。でもプリウスに1ヶ月乗っていたときだって、玉川学園あたりをはしっていたらこれとそうは変わりはなかった。実質燃費としてはよくがんばっているほうだろう。
トランスミッションは、Super CVT-i(自動無段変速機)という第二世代CVTに7速スポーツシーケンシャルシフトマチックというマニュアル風の走りのできるシフトがついている。
CVTはとにかくスムーズでいつシフトしているかはわからない。それなりにエンジンが大きくて馬力があれば、低回転時のとろとろ〜っとした感覚もないし、ウィッシュのエンジンとの相性はなかなかよいのではと思った。
7速スポーツシーケンシャルシフトは使ってみたが、正直なところ、「これ、いるんだろうか?」と感じた。
サスペンションはそれなりに粘ってくれるが、これで峠を攻めるわけでもないし、ハイスペックのエンジンでもないし、ターポで走るわけでもない。どちらかというと家族を乗せてのんびりと走る車の性格。ならばこのスムースさだけで十分な気がする。
安全装置についてはとくに問題もなく、普通に安全だ。衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる衝突安全ボディGOAは秀逸だし、見えない安全装置といったところだろう。
これらを構成する超高張力鋼板 は軽量化にも貢献しているし、今やどのメーカーも使用している。
しかしながら、この薄くて強い超高張力鋼板は、なんというかドアの音などに軽々とした情けない音を響かせてしまう場合がある。このあたりはドイツ車は大衆車であったとしてもよく作り込んでいるが、トヨタはどうも考え方が違うのか、プリウスにしてもアクアにしてもこのウィッシュにしても頼りない感がある。しかしながら剛性は最高クラスなのだ・・・・昔のアメ車なんてばかでかいドア、バカ重いドアで、ツンっと押すと自重で「ドンッ」としまる。にもかかわらずぶつけると思った以上に凹んでしまうし、すぐさびる。いゃ〜なんとも不思議な感覚である。
内装は、レンタカーグレードなので特に書ける事がない。メーターは見やすいし、ハンドルはトヨタの軽さだし、音もトヨタの音だから、トヨタの車に乗り馴れていれば、どの車種から乗り換えても違和感はないだろう。
個人的な感覚だけでいえば国産車の中では一番好きな操作性だ。とにかくバランスがいい!
シートアレンジは7人乗りから、2列目3列目をたたんでフラットにすることもできる。
操作性はちょっとコツがいるが、慣れてしまえばなんてことはない。約1750㎜のフラットな室内長がとれるので、大人2人と犬1頭くらいなら車中泊は軽々とできそうだ。
ただし、2列目3列目の間に隙間ができてしまうのでそれを埋める必要はある。
2列目の足元も十分にあるし、リクライニングもできる。シートの背もたれの形状がなかなかよくできていて、決して大きくはないシートだがリラックスできる。
3列目は足元はそれほど広くはなくやや体育座りになってしまうが、思った以上にヘッドクリアランスがあって、ひどい窮屈感はない。女性や子供なら補助シートではなく、ちゃんと旅行で長時間乗っていられるのではないかな。
今回ビンゴを乗せるために3列目はたたんでフラットにしたが、1m×1m程度のスペースができるので大型犬2頭、そのためのケージの積載も可能だ。しかしながらバンパー位置が高いため、犬が飛び乗ることを想定するならば若い犬でないと厳しいだろう。ビンゴはだっこして乗せた。
最近のトヨタはとくにバンパー位置が高いのは安全を考えてのことなのだろうが、実用面からするとやや不便。

ひとつおもしろいのは、このウィッシュは5つのグレードがあるのだが、そのうちの4つは3ナンバーで、一番下のグレードだけが5ナンバーなのだ。
正直いえば、この車は5ナンバーであるべきだろうし、その車格でいいと思う。
豪華装備はいらないし、スポーツモードもいらない、デザインも凝る必要はないから、5ナンバーでおさまるボディにデコラティブな華飾をつけて横幅を広げて3ナンバーにする意味がよくわからない。だって室内の大きさは同じなんだからね。
明日は川に出かけるのだが、我がワンワン号は先日のエンジンストップのこともあるので、今回はこのウィッシュでいくことにした。イベント用大型タープ3つとイスや諸々の用具を積み込んだが全然余裕がある。
考え方によってはこれ一台で買い物から長距離ドライブ、荷物をたくさん積んでの旅行、ありとあらゆるシュチエーションに沿える頼もしい車ではないだろうか。社用車バンのような扱いも全然オッケーだ。
ウイッシュは一番下のグレードがお勧めです。
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード