ワークショップに向けて

9月のワークショップも定員一杯のエントリーとなり、1日みっちりがんばりたいとおもっています。
フリースタイルに関わらず、犬とうまくやるということは、広義であって狭義でもあります。
お伝えする事は沢山あるようで、実はいくつかにまとめることができます。
例えば「集中と解放」「達成感」「犬の中へ入る・・・バリアを解き放つ」「大脳辺縁系と大脳新皮質の受け渡し」
なんてタイトルがすぐ浮かんでくる。
そこには、アイコンタクトのとりかたとか、おやつの与え方とか、おやつをつかわないようにすることとか、遊び方とか、いろんなパーツが沢山含まれてくる。
なので、実際にやることはアイコンタクトだったりおやつをあげたりとりはらうことだったりするのだけれど、その根本の部分がつかめていないと、ただそれがうまくなるだけで、点のままで終わる事もあります。
また、理論だけで動かそうとすると、これまた点のままである。
点と点を結んで線にして、その線で何かを描き結んで面にするためには広義であって狭義である「何か」を体験し理解しなければならない。
アウラではそんなことを繰り返しやっている。
ワークショップでもそんな一部分をやってみたいと思います。
感性を解き放ち、理性でストックして頂ければと思います。はい、頭で考えないってことですよ〜
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード