新型タント試乗記

雨で時間がすこしできたので、新型タントの試乗にいってきました。
結論から先にいいますと、前のほうが良かったかな(ダイハツさんごめんなさい)
おそらくプラットフォーム(ボディのベース)が同じなのでしょう、室内の構成はほとんど同じだ。そこにきてシートのクオリティを若干あげた事で、折りたたみ時にフラットな床を作る事ができなくなったりと、行き詰まっているところが随所に感じられた。
ただ、軽量化のために、リアハッチを樹脂化したり、遮音に力をいれているところは秀作といえる。その影響でか、剛性感も高まった気がする。
センターピラーレスが売りですが、正直な所、フロントドアをあけて、リアのスライドドアもあけて使用する条件を持つ人は限られているだろう。どうせならフロントドアごとスライドしてくれると面白い。トヨタのスペイドやポルテでは実用化されているが、2列目まで開口する車はまだない。軽自動車ならそんな遊び心があってもいいだろうなぁ。
乗車感は、ホールド性のまったくないシートだが、ベンチシートなので十分な座面と、しっかりしたウレタンの厚みで居心地は良い。飛ばす車ではないのでこれで十分だ。むしろターボでハドルシフトをつけたカスタムはこのアンバランス感がかえって気になる。
窓上に前型よりふくらみをもたせた影響から、全面ダッシュボード部分に奥行き感ができて、それが車自体のスペック的なサイズより大きく感じさせる心理にさせている。これはルノーのカングーなどでも立証されているものだが、軽自動車でこれをやったのは大正解だろう。
足回りも前型より剛性感が出ている。もしかするとタイヤの種類が変わっているのかもしれない。
あるいは軽量化されたり、パーツの樹脂化によって剛性感がアップしているのかもしれない。
残念なのはブレーキがプァなことだ。
雨であったことも影響しているかもしれないが、止まりたいところで止まるには、ちょっとした意識が必要な時がある。これで荷物満載状態だと、かなりブレーキに気をつかいそうだ。
リアシートはあいかわらず広いし、リラックスポジションに背面を倒せる、スライド長も十分ある。それだけにフラットな面を作れないのが残念だ。ちなみに前型はフラットになるのだ。
インテリアについては、これはもう残念としかいいようがないくらい残念だ。前型とどこがどう変わったんだろうと思えるくらい代わり映えがしない。ホンダのNボックスと比べると、その質感の差やスイッチ類のタッチの感覚はど〜んと落ちてしまう。だからといってNボックスがすごくいいわけではない。
ちなみにリアドアについているパワーウインドのスイッチパネルは押すとベースのカバーがべこべこしてしまう。
樹脂の剛性や勘合は軽といえど、もうすこししっかりして欲しい。ここがダイハツの一番のネックだと私は思う。
外観デザインについては、訴求力がまったく感じられない。前型のほうが求める世代に訴えるものがあった。あれだけの大ヒット作になったタントなだけにこれは非常に残念だ。
正直なところデザイナーを変えるべきだろうなぁって思うくらいです。
例えばワーゲンのUPのデザインはイタリア人だ。そしてワーゲン全体のデザイン総括もイタリア人だ。故に最近のワーゲンは無骨なドイツデザインから垢抜けしてきた。またドイツ車に乗りたいと思わせる素振りがある。
それは、機能性や実用性といったものをどうやってデザインに翻訳していくかを哲学として持っているからでしょう。そしてそれが時代のトレンドを作って行くものと、追いかけるものの違いなのだとおもうわけです。
フランス人かイタリア人に日本の軽自動車の規格でハイトールワゴンタイプをデザインしてほしいなぁ
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード