ベルファイヤー試乗記

キャンプの帰りにワンワン号が止まり、急遽レンタカーを借りました。
その車がトヨタのベルファイヤー。8名乗りの高級ミニバンのカテゴリーに属する車です。
おろしてまだ1年たっていないので新車のようなものでした。
キャンプ用品満載のワンワン号からできるかぎりの荷物を移動。
サードシートは跳ね上げ式でサイドに折り畳まれるので結構のるのです。
ただしかさ高なものや長尺ものはNGです。
四角い箱状のものなら十分なスペースが確保できますから、リアハッチ側にクレートを積むのであればばっちりではないでしょうか。

今回は、これらの荷物に加え、大人5名、小型犬3頭、そしてビンゴが乗りました。
さて、取り回しですが、前後のセンサーとバックアイカメラがあるので狭い所も安心できるのですが、ハンドルがきれません。幅2mのワンワン号のほうが狭い所を軽々と曲がれます。
市街地はちょっときついですね。
乗り心地はすばらしく良かったです。さすが高級ミニバンです。
シートの深さ、サスペンションやスタビライザーの完成度が相まって、どの速度域でも安定しています。
乗用車感覚に近い操作性も秀逸です。ハイグレードになると、さらにこれらは一気に高まるようです。
しかしながら、私にはこの車に高級感をあまり感じませんでした。
レンタカーグレードなので約300万円の車なのですが、これだけの価格でありながらも、ハンドルはウレタンだし、樹脂パーツはなんとも安っぽく、特別な装備があるわけでもなく、いってみれば名前で買うようなところがありそう・・・・そういってしまうと語弊があるかもしれませんが、どこかステータス性を感じさせる車なのでしょう。
ステータスであるならば、買うなら最上級グレード?となると600万円弱・・・・
しかしながらそれでも内装は樹脂パーツがどうにも華飾に扱われていてうなってしまう。デコレーションパーツがたくさんついて、トヨタのいつものパターンが見事に演出されて2倍の値段がぶら下がってしまう。
まぁ、これは個々の価値観に基づきますからね。好きな人は好きですから。

さて、高速道路ですが、これもまた安定の極みです。しっかりとレーンをトレースしていきますし、ブレーキやハンドル操作性はなんの問題もありません。
しかしながら、お借りした2.4リッターエンジンは非力としかいいようがありません。170馬力の数値はあるものの、追い越し加速等は苦手です。ぐっと踏み込んでも反応は鈍く、ドライビングプレジャーというところには行き着いていないかな?
3,5ℓエンジンは280馬力ですから、買うならこっちでしょうね。
燃費はとっても悪くて、大半が高速でありながら8ℓ/kmでした。
3,5ℓはもっと悪いんだろうなぁ、そうするとハイブリットを選ぶ事になるのかも・・・・

結論
家族を安全に心地よく目的地に連れて行く、荷物もきにすることなく・・・・できれば高速道中心で・・・・そんな車として乗れば最上の選択肢となりそうです。
これで一般道や買い物目的はかなりきついな。
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード