フリースタイルレッスン

今日も寒いですね〜、ほんの2週間前は、暑いですねぇ〜なんて言ってたのが嘘のようです。
うちの老犬達は寒い方が元気ですが、関節や筋肉がこわばっているので、散歩も運動も気をつけなくてはですね〜

昨日はフリースタイルのグループレッスンでした。お休みが多かったので、じっくり基礎レッスンをやりました。こういう時間いいですね〜♪
3つのポジション(位置関係)、2つのトランジット(ポジションからポジションへの移動方法)、1つのトリック、4つの移動方向(前、後ろ、右、左へのウォーキング)で構成した練習は、地味なようですが、ピタっときまるとすばらしく見応えのあるものになります。
フリースタイルというと、いろんなトリックをやるのがすごいと思われていますが、実はそうともいえません。
もちろんできるにこしたことはありませんが、その完成度や出来映えが悪ければ、むしろ犬はその行動にストレスを感じてしまいます。結果的に集中力が落ちてしまう。やる気がなくなる、においをかぎはじめる、どっかに行く・・・・となるわけです。勿論みているほうも残念な気持ちで見る事になります。
ところが、こうしたことに理解を示せない方は、それが犬のせいだとか、環境のせいだとか、難しい犬種だからそうなるとか理由をつけます。でもご安心ください。そんな犬は一頭もいません。
そうかなぁ〜、うちの犬は全然ダメなんだよなぁ〜って思われた方、まずは、1つのポジション、1つのトランジット、1つのトリック、1つの移動方向が「コマンド」でちゃんと出来ているかを確認してください。それができていないのであれば、身体や手をつかわずともコマンドで犬が動くところまで伝える事から始めましょう。
きっとよくなります。教え方がわからない方はアウラまでどうぞ〜♪
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード