トリーツ

今日も秋晴れです。気持ちのよい1日になりそうですね♪
週末からは、東京モーターショーが始ります。行きたいなぁ〜
でも来週は休みなしだし無理だな。働けってことだね♪がんばりますっ!

トリーツの話をちょっと
トリーツとは犬がよい仕事をしたときに現物報酬として与える食べ物のことです。
アウラのレクチャーを受けている方はもうご理解いただいているとは思いますが、これは、社会性のある動物にとって、当然のものです。そしてそれは対価でなくてはいけません。
しかしながら現物報酬だけを与えていたら、トリーツで動く犬になってしまいます。
人の世界に置き換えてみると、お金をどれだけくれるかで働きが変わるということですね。
これではちょっと寂しいように思います。
やはり、人の世界でも犬の世界でも「やりがい」が大事だというのがアウラの考え方です。
じゃあ「やりがい」はどこからうまれるかというと、「成功体験」からうまれます。
オスワリひとつとっても、それをやりたい方向に導きながら、おしりが地面につきそうになったときにオスワリと言ってあげれば、成功率はほぼ100%です。犬はすでにその行動をとろうとしていたわけですから「気づき」も大きいですね。
ところが、犬の状況などおかまいなしに何度もオスワリと指示をだしていると、犬は10回もその言葉を聞いてからおしりを地面につけることになります。
それでトリーツをもらって「よしよし」なんてほめられても、やりがいはうまれてきませんよね。

うちの子供が先日テストで100点をとってきました。勿論、普段から一緒に楽しく勉強しているから、とれて当たりまえなところはありますが、100点とるには実力だけでなく、運も必要です。
彼は帰ってくるなり、「テスト何点だったと思う?」と聞きます。私は「ぇえ〜、80点くらい?」そうすると彼は「○○ちゃんは50点で○○君は35点だった」といいます。「じゃあ、70点くらいかなぁ」というと「うぅん、100点っ」と誇らしげに言います。「私はとびっきり驚き、喜びをあらわして、彼を抱きしめます」それからテストをながめて、いろんな話をします。
このとき彼の中で勉強をするやりがいがうまれてきます。とくに現物報酬はいりません。やりがいは、大きな達成感へと変わって行きます。その達成感をお互いに共有できたときに、次へと向かうことができるのですね。私の対応は100点であろうと50点であろうとそれほど変わりません。(その小さな違いが実は大事なのですが、そりはまた今度書きます)
私はこんなことを言葉を変え、いろんなアプローチの中でみなさんにお伝えしています。
しかしながら、この感覚をつかむためには、自分自身を「解放」する必要があります。
そうでないと、トリーツのレベルをどんどん変えていかないといけなくなります。
報酬のコントロールができなければ、トリーツはただのおやつだし、ボールはただの破壊の対象にしかなりませんね。これでは本末転倒です。いつまでたっても関係はうまれてこない。
解放については以前も触れていますが、また改めて書こうと思います。
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード