仔犬はスポンジのよう

小雨の降る朝ですね。ちょっと肌寒いくらいです。
長袖、上着、雨具?ほんと迷いますね。とりあえず半袖だとおかしいかな?
さて、昨日はルーデンスにはいったオーストラリアンシェパードのアルバと1日を過ごしました。
午後から雨でしたが車でお出かけ。雨が降っている時はホームセンターでマンウォッチしたり、様々なにおいを嗅いだり、見たり、小雨になったら外を歩き様々な刺激を受け止めていきます。
社会化は単純ではありません。ただ見せればいいとか触れさせればいいというものではありません。
そのことに対してこちらが仔犬にフィードバックをすることが重要です。それがなければただの観光か見学ツアーで終わってしまいます。
仔犬の感受性はとても柔軟である反面、とてもすばやくて変化しやすいものでもあります。
やわらかいところをちゃんとつかんであげてそっと着地させてあげる。着地できたことをすばやくフィードバックする。
それの繰り返しなのです。ところが多くの幼稚園と称される一時預かり所ではこれができません。で、結局、刺激に強く反応してしまう個体がでてきたり、場面設定ができず、その場でのみうまく振る舞える個体になってしまう。
これでは社会化とは言えませんね。
もちろん完璧なことはできませんし、その必要はないのですが、
すくなくともプロはこのプロトコルを知っておくべきでしょう。
まぁ学校で数ヶ月勉強したマニュアルでは成せないということです。
アルバはカフェのテラスでのんびりとした時間を過ごします。
よく歩いた後だから興奮もしないしのんびりするのに最適な時間です。とくに指示をしなくても待てますし、様々な人に触れられるにはちょうどいい時間です。私もおいしいコーヒーとパンで一休みできます。
その間にインスタに写真をあげれば生徒さんに報告もできます。
わざわざ仔犬をクレートにいれてお手紙書くようなことに時間を費やす無駄な時間は作りません。
ゆっくりとそしてたくさんの時間を使って社会化促進したのちにレッスン場で遊びます。遊びながら今日学んだことのおさらいです。そうこうしているうちら生徒さんが迎えにきます。
そこにはひとつ成長した仔犬がいます。この姿・・・・感動します。

仔犬はやわらかなスポンジのよう
いくらでもなんでも吸い込むことができる。
だからこそよいものをたくさん吸い込ませたい。
今日はそれができたかな♪
10月1日からファンマッチのエントリーが始まります。
詳細はイベントページでご確認くださいね。
イベントページ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー
いいなぁって思って頂けたらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

インスタグラム始めました♪それぞれのレッスン風景を中心にアップしています。フォローもよろしく~♪

犬種

お天気下り坂ですね。
お出かけのみなさん雨具忘れずに
という私も今日はルーデンスにやってくるアルバとお出かけです。
雨であってもでかけられるところはいっぱいあります。
社会化の扉は開かれているうちしか機能してくれませんので待ってなんかいられません。
たくさんの刺激に寛容になるということは、刺激を受け止め受け入れるだけでなく、その刺激に対して極端なな反応をしめさないということです。
それは個々の個性にもつながっていくのですが、犬種の特性を引き出すことでもあります。
犬種の特性をよく理解していないとそれは難しいかもしれません。
そうしたことを人間側が学ぶことも大切です。
で、インターネットで犬種図鑑的なものを検索すると、たくさんのそのたぐいの情報を拾えます。
ところがこれがよくない
たぶん出どころはほとんど同じ情報で、コピペでできています。
で、大半がいいことしか書かれていません。
例えばボーダー・コリーは大変頭がよく、活発で、作業意欲の強い性格です。注意深く洞察力があり、作業中は状況を判断して自分で動くことができます。
家族には大変愛情深い一方、知らない人や犬には関心が薄く、犬同士で遊ぶことより人間と作業することを好む傾向があります。
たしかにそうですね。
でもすべてのボーダーコリーがそうではありません。
そして言葉の裏をかえせば見えてくることがたくさんあります。
ところがそうしたことはほとんど書かれていないため、入手する側はそのまま鵜呑みにしてしまいます。
ボーダーコリーはトレーニングをしてボーダーコリーになるという言葉がイギリスにあるように、彼らは学びの時間がないとととんでもないことになります。
活動的だからといって遊ばせてばかりいると、それが自分の仕事とインプットされてしまい、その遊びをやめることができなくなります。もちろんそうでない個体もいます。

誤解を招かないように書くことは極めて難しいのです。
出典する側はまずそのことにふれるべきだと思います。
そして入手する側もその点を知っておくべきです。
もちろんペットショップの売り子のセールストークを鵜呑みにすることのないようにお願いしたいです。
また、ブリーダーといえども様々なブリーダーがいることも知っておくべきであり、いいことしか言わないブリーダーは注意が必要かもしれません。
イギリスではどんなにお金を積んでも入手する側に仔犬を育てられる環境と考え方がなければ譲渡されません。
でも日本ではほとんどがお金で購入が決まります。
この温度差が埋まってくれば日本も動物愛護の考え方がワンランクアップするのでしょうね。
犬は飼い主を選べないが、人は犬をいくらでも選べるという図式が変わった時、はじめて犬種図鑑は機能しているのかもしれません。
10月1日からファンマッチのエントリーが始まります。
詳細はイベントページでご確認くださいね。
イベントページ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー
いいなぁって思って頂けたらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

インスタグラム始めました♪それぞれのレッスン風景を中心にアップしています。フォローもよろしく~♪

犬は人で変わる

すこしづつ秋めいてきましたねぇ、とはいえまだまだ半袖離せませんけどね。夕方の冷え込みに備えて羽織るものを一枚持参が必須の時期です。風邪などひかないようお気をつけくださいね。
さて、昨日は夕方から散歩のレッスンがありました。
2歳の小型犬ですが、社会性がほとんどついていない子です。飼い主さんのことは噛むし、トリマーさんも手に負えず、うちに飛び込んできたのが半年近く前。
はじめのうちは私に近づくことすらできず、もちろんトリーツを食べることもできませんでした。
けれど自然に私との距離は縮まり、今では私を見ると飛び込んでくるほどです。
けれどレッスンの間がいつもかなり空いてしまうためレッスンは先に進みません。おさらいもできていないので改善すべきポイントをつないでいくことができません。
で、これではどうにもならないと思い、散歩に連れ出しました。
いつもの散歩では引っ張り、他の犬にギャン吠えだそうです。
毎日散歩にいくわけではなく、行っても数十分のトイレ出し程度ですから、世の中にちゃんと接する経験は非常に浅いので当然です。
駐車場に到着し、生徒さんがその子を地面に下ろします。
震えて動けません。視線も定まりません。もちろんトリーツは食べれません。私の声も入って行きません。
挙動不審とはまさにこのことです。
このまま移動してもハンドリングは不可能に近いので、その場になれるまでしばらくその場ですごします。
しばらくするとすこし余裕がでてきました。その間に私もどうするか対策を練っておきます。
いよいよスタートです。
ちゃんと動きますがこちらをみてはくれません。
どこに向かうでなく勢いよくひっぱります。
で、私は老人作戦をとります。
「わんこさん、私は年老いた老人だからこんなにゆっくりしか歩けないんだよ・・・・」というイメージを作り上げます。
もちろん動きは超スローモーです。
そうすると、いつもなら飼い主さんがひっぱられながらついてきてくれるのに、この人はついてこないから後ろが気になり出します。
で、一瞬、意識がこちらに向いて、私を見ます。
ここが第一ステップです。この機会を逃したらもう無理です。
おもいっきりフィードバックしてその場の良い印象を定着させます。
それを数回繰り返すと、もうひっぱりはほとんどありません。声も入り始めます。
でもトリーツは食べれません。いいんですトリーツなんてなくたって声が入れば。
それから緑道に向かいます。
草地に入ってからロングリードにかえます。
あとで知ったのですが、この子はアスファルトの上しか歩いたことがないそうです。
はじめての草むらです。
この子はそれはもう興味津々ににおいをかぎます。
私はそれを待つこともしますが、ほとんどの場合は先にいってしまいます。
そうするとこの子はあわてて私のところに走ってきます。
その時の嬉しそうな顔といったら♪
しばらくそれを繰り返すと、この子の中にもともとあった遺伝子が開花します。
飛び跳ねるように草地を走ります。どこまでもどこまでも走っていたい・・・・そんな気持ちが伝わってきます。
ただ、でこぼこの道をはしりなれていないので、時々つまづきます。
そうこうしながら何度もリコールしていくとこちらを見る瞬間は格段に上がってきます。
たくさんの犬や人とすれ違います。
私は用心しながらもこの子のスタンスに意識を向けます。
経験は何にも勝る薬です。私からのフィードバックは繰り返されます。
帰り道、笑顔でいっぱい、私の声が入ります。たぶん犬生で一番楽しくて一番長く歩いた時間だったでしょう。
で、ひっぱりはほとんどなし、ギャン吠えどころか一度も吠えませんでした。
犬は人で変わるのです。故に人がかわらねば犬は変われないということなのです。

10月1日からファンマッチのエントリーが始まります。
詳細はイベントページでご確認くださいね。
イベントページ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー
いいなぁって思って頂けたらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

インスタグラム始めました♪それぞれのレッスン風景を中心にアップしています。フォローもよろしく~♪

犬は楽しんでいますか?

今日も夏日になりそうな勢いでお日様がのぞいていますね。
朝ジョグは気持ちがいいけどまだまだ暑いです。
そうそう、今朝、走っていたら呼び止められました。
トイプードルを連れたミドルエイジの女性
ご自身の名前を言われ、犬の名前と年齢を伝えられました。
犬は9歳だそうです。たぶんうちにマンツーマンレッスンに来られたのか、パピーパーティーにいらっしゃってたのだと思いますが、私のボケた記憶力では覚えていません。
でも大抵は犬のほうが覚えているのですが、この子はみるかぎり社会化が弱そうな顔をしていました。
こういうタイプの子は私のことを覚えていたとしても近づけません。
ストレスが強いんですね。
こうした子こそ何か目的をもって飼い主さんと楽しんでいくと良いのですが・・・何かやってるのかなぁ
そんなことを思いながら走っているとなんだかもやもやしてきたので気持ちを切り替えて楽しいことを想像しながら走りました。
さて、10月1日からファンマッチのエントリーが始まります。
毎回あっという間のエントリー締め切りとなりますが、今回は土日ではなく祝日ですし、11月中旬ですのでたぶんエントリーも少ないと予測しています。
いつもエントリーで慌ただしくさせてしまいご迷惑をおかけしておりますが、このパターンでうまくいけば今後は祝日狙いというのもありかなって思っています。
詳細はイベントページでご確認くださいね。
イベントページ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー
いいなぁって思って頂けたらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

インスタグラム始めました♪それぞれのレッスン風景を中心にアップしています。フォローもよろしく~♪

優性遺伝、劣性遺伝は変わる

夏に戻ったような日差しが朝からこっちをにらんでいます。
朝ジョグは気持ちがいいけど、今日は暑かったぁ
さて、遺伝子の話しです。
私たちは学校でメンデルの法則や優性遺伝、劣性遺伝という授業で遺伝子というものが動物の容姿や行動に大きな影響を与えると学びました。
メンデルの法則は
メンデルはまず、エンドウ豆に背の高いものと低いものがあることに着目した。
そして、背の高いものの種を集め育て、さらに育ったものの高さを見て、高くなったもののみの種子を集めと繰り返していくと必ず背の高くなるエンドウ豆ができるようになり、その逆に低いものも同じ結果を得たわけです。
次にメンデルは、必ず背の高くなるエンドウの花のめしべに、必ず背の低くなるエンドウの花粉を受粉させた。また、逆に背の低いものの花のめしべに、高いものの花粉を受粉させた。そのどちらから収穫された種子を蒔いてもエンドウ豆は背が高くなったという優性の法則の発見につながっていったわけです。
分離の法則や独立の法則の発見 などが有名です。
犬の交配においてもこうした遺伝子学は必ず学ぶべきことですが、残念なことに昨今のデザイン犬などはこれをまったく無視して交配につぐ交配が乱雑に行われています。
うまれてくる子は可愛い子は売れるがそうでない子は闇に葬られていることは消費者には見えないし、かわいい子であっても、やはりどこかしら滑稽な容姿であって、骨格などは異型であることも感じ取れる。しかしながら仔犬のうちはそうしたことは見抜きにくいもので、成犬になったとき、あれっ?とおもうことになるのです。
で、そんな遺伝子ですが、優性遺伝と劣性遺伝という言い方が一世紀すぎた今、変わりました。
「優性」は「顕性・けんせい」、「劣性」は「潜性・せんせい」となり、
他にも、「バリエーション」の訳語の一つだった「変異」は「多様性」に。色の見え方は人によって多様だという認識から「色覚異常」や「色盲」は「色覚多様性」としたそうです。
遺伝子
長年言い慣れてきた言葉を急に変えろといわれてもちょっと抵抗はありますが、元を正せば英訳の段階でたぶんおかしな訳にしたのだと思います。しらべたわけではありませんがそんなのっていっぱいありますからね。
ただ、劣勢と優性という言葉は差別的にも感じるし、それを悪意をもって使う人もいるから、変えることはいいことかもしれません。おじさんも自分のOSをバージョンアップして記憶を切り替える努力をせねばということですかね。
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー
いいなぁって思って頂けたらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

インスタグラム始めました♪それぞれのレッスン風景を中心にアップしています。フォローもよろしく~♪
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード