クラフト

昨日の雪にはほんとおどろきでしたね。結局、平地や車の上には雪が積もるほどで、レッスンは安全確保が厳しいのでお休みとしました。
で、みていなかったクラフト展のフリスタ動画をすこしみました。
私はあまり動画を見ないのですが、ジャッジをしたりみなさんにお話しするためにこうした競技会の動画はとても役立ちます。クラフトはとくに世界各国からエキスパートたちが集まりますから高いレベルの演技がみれます。
こうした動画を自分のなかで処理して、細々としたパートに分解してみなさんにお伝えします。
そうしないと、単にすごいねっ、あこがれるっ、やってみたい・・・・となってしまい犬に負担をかけてしまいます。
こうしたトップフリースタイラーであってもそのプロセスにはそれ相応の絶え間ない努力と情熱があっての今です。
失敗もあるでしょうし、犬との関わりにおいて不安定な時もあるはずです。ましてや飛行機に犬を乗せて何時間もかけてイギリスまで出向くのですから、途方も無い何かがあるはずです。
私なんて、もうそれだけでちょっと無理かなって思ってしまいます。まぁ、子犬の頃から飛行機乗せてれば全然問題ないのでしょうがね。
そんなわけで、お教えする時はこうした背景も含めてのプロセスとしてお伝えしています。
クラフトでこんなのやっていたけどどうすればいい?・・・・そんな質問どんどんしてください。共有しながら細かなプロセスでご案内します。

お花見BBQのご案内です
イベントページにアップしていますがこちらにも

アウラの庭先にある白い花の山桜とあわいピンクのソメイヨシノの共演もまもなくです。
今年も開花予報より1週間おそく開花の予定です。そこで4月7日土曜日にお花見BQQを行います。
アウラの生徒さんならだれでも参加可能です。もちろんご家族づれ大歓迎です。
犬達はいつものアウラで遊んでいられるのもハッピーですね。
沢山の参加をお待ちしております。

○日時:2017年4月7日(土曜日) ※雨天でも屋内と中庭を使って開催します
○時間:11時00分〜16時終了予定
○会費 男性 3500円 女性と子供2500円 ※グループレッスン参加の方は無料です
○会場 アウラ屋内、屋外オープンにてご利用ください
駐車場の都合上、上の駐車場が満車の場合は下の私道側に停めていただく事もあります。
予めご了承くださいませ。
ご参加希望の方は私のメールに、参加人数をお知らせください。
尚、食材手配の都合上、5日午後9時までにお知らせください。
キャンセルされた場合でも食材手配の都合上料金必要ですのでよろしくお願いします。
いいね、ちょっといきたいなって思う方はワンクリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー

想像を実現するには

雨ですねぇ、それにちょっと肌寒い
ん〜、なんでしょうか、この寒暖差
体調崩さないよう暖かくしてお出かけくださいね。
さて、昨日のお休み、ちょっとおでかけしてきました。
山に向かって車を走らせると、家並みが徐々に視界からなくなって緑の量が増えていきます。
犬の視覚は緑のグラデーションとよくいいますが、まさにそういう景色を自分はみている感覚です。
動物たちが自然の中で暮らす上で必要な色、それは本来は私たち人間にも必要な色なのだと感じます。
私は山も海も川も渓谷も大好きです。
そんな中で犬と暮らせたら幸せでしょうね。
それに、情報も物も田舎にいながらにしてなんでも手に入りますからね、困ることはそうはないでしょう。
どうしてもというときは時々、都会にひょいと出かければいいわけです。
アウラのある場所は東京都の都下のひとつ稲城市です。すぐそばにはいくらかの緑のある公園や多摩川があります。
つい最近までは日本の原風景のような畑や田んぼ、田舎の家並みとそこに続く細道がありました。
ところがこの3年間で大きく様変わりしています。
あたりの山々は切り開かれ、田んぼは埋め立てられ、古い民家は立ち退き、曲がりくねった細道は広くて直線的な道路に作り変えられていきます。区画整理された小さな空間に家が立ち並びはじめるのはもう間もなくでしょう。
私は思います。
その山々に住んでいた動物たちはどこに消えたのでしょうか?その小さいけれどしっかりと根付いていた営みはもうみることはないでしょう。
人が増えればその場所の経済は活性化されるでしょうし、そこに文化が生まれる?
それはもはや過去の産物ではないかと思います。
むしろ文化を消去しているようでなりません。
いまのところアウラのまわりだけはこの大規模開発の手から逃れ、目の前は果樹畑ですし、前の私道は行き止まり、駐車場側の道も行き止まりですから開発の手はよほどのことがない限り入らないでしょう。
もし自分に財力があったなら、目の前の畑を買ってしまいたい。そしてそこにたくさんの木を植えて小さな林を作りたい。井戸を掘って、そこから出でる水で小川を作りたい。日の当たる場所には畑を耕し、田んぼもあるといいな。
林のその中心に小さな空間をつくり、東屋を立てて、そこでレッスンもし、犬と暮らせればなんて幸せでしょうか。
残念ながら私にあるのは体力と気力と想像力であって、財力はほとんどありません。まぁ、このままでは夢物語で終わってしまうでしょうね。そうならないためにも次なるアクションも視野に入れねばと思い始めた今日この頃です。
まずは宝くじ買うようだな・・・・ちーん

お花見BBQのご案内です
イベントページにアップしていますがこちらにも

アウラの庭先にある白い花の山桜とあわいピンクのソメイヨシノの共演もまもなくです。
今年も開花予報より1週間おそく開花の予定です。そこで4月7日土曜日にお花見BQQを行います。
アウラの生徒さんならだれでも参加可能です。もちろんご家族づれ大歓迎です。
犬達はいつものアウラで遊んでいられるのもハッピーですね。
沢山の参加をお待ちしております。

○日時:2017年4月7日(土曜日) ※雨天でも屋内と中庭を使って開催します
○時間:11時00分〜16時終了予定
○会費 男性 3500円 女性と子供2500円 ※グループレッスン参加の方は無料です
○会場 アウラ屋内、屋外オープンにてご利用ください
駐車場の都合上、上の駐車場が満車の場合は下の私道側に停めていただく事もあります。
予めご了承くださいませ。
ご参加希望の方は私のメールに、参加人数をお知らせください。
尚、食材手配の都合上、5日午後9時までにお知らせください。
キャンセルされた場合でも食材手配の都合上料金必要ですのでよろしくお願いします。
いいね、ちょっといきたいなって思う方はワンクリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー

チャレンジング

お天気下り坂ですね。
あさいちは散歩レッスンどうかなぁ
ううんたぶん大丈夫なんとかなります。
はりきっていってみましょう。
さて、昨日もたくさんの犬たちでにぎわったアウラです。
午後からは群馬、千葉といった遠方からお越しいただいたみなさんによるチームダンスのレッスンもありました。
みんなもとは保護された犬たちですが、今はすばらしいパートナードッグとして楽しんでいます。
このチームは6頭6人による構成です。犬たちはみんなしっぽがくるくるしているので、しっぽくるくる隊といいます。
アウラの集中と解放のリズムの中で犬らしく自由に振る舞い、人とともに集中して学んでいます。

私はいつも思います。
犬ってすばらしいって・・・
どんな環境にあってもいつも前向きでいてくれる。そしてすてきな人との出会いによってこんなにも輝きを増す。
みんな笑顔が溢れます。私も自然に笑顔になれる。どっちがどう笑ったのかわからなくなるくらい・・・
私はその受け皿になる場、学びの場を持てたことに感謝です。

受け皿といえば
昨晩はレッスン終了後、めずらしく東新宿に出かけました。
とある犬の複合施設
カフェ、屋内屋外ドッグラン、生体販売をしないペットショップ、トリミングがビルの中にあります。
新宿というと、ビル街、オフィス街、あるいは歌舞伎町のような夜の街の印象ですが、ここは大通りからほんのすこし入った住宅街近くにあります。なので人通りも少なく静かです。
実は、ここで私はフリスタレッスン、つまりドッグダンスのレッスンとトレーナー養成を行うこととなりました。
具体的なことはまだこれからなのですが、企画段階から中に入って組み立てていきます。
近々、私はここのウェアを着て1日店員となってリサーチもします。
はたしてどんな方が集うのか?
どんな教室ができるのか?
なんでもそうですが、やってみなければわからないことばかりが私のまわりにあります。
というか、そういうことが湧いてくる・・・
だから
やってみるためにはアクションをおこさなければ始まらない。
アクションを起こすにはそれ相応のエネルギーが必要です。
そのエネルギーがあるかぎり自分の毎日はどんどん変わっていきます。
変わるということはリスクがあると思われがちです。
変化と安定は一見すると真逆にあるように思えますが、私はそうは思いません。
変わらずにいようと安定を望むことこそリスキーだと思います。
いくら自分が変わらずにいたとしても、世界はどんどん変わっていきます。
ポリシーや生き方を変える必要はありませんが、行動は変わるべきだと思うし、
だからこそ楽しい・・・私はそう思います。
自分の人生の中でまたひとつチャレンジングな時間ができそうです。
当然ながらみなさんも巻きこんでいきますからねぇ
みなさんにとってもチャレンジングな時間、アウラにはあります。
チャレンジングなワンクリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー

楽しく続けることしかできない

東日本大地震から7年の今日です。
あのとき、私は以前のアウラの屋内レッスン場でゴールデンの子とレッスンをしていました。
あたりが突然揺れ始めたかと思ったらお隣の建物がぐらぐらと揺れていて私はゴールデンを抱き寄せてうずくまることしかできませんでした。
あの時の屋内レッスン場の扉は今のレッスン場の白い4枚の扉です。
何かしら残したいという思いから取り付けたのですが、こうした震災の記憶もこの扉から蘇ります。
復興支援から立ち上げたフリースタイルファンマッチも同時に7年です。
けっして忘れることはありませんが、こうしてつなげていくことで私たちは寄り添えるのではないかと思っています。
4月1日からエントリーが始まります。また義援金をおくり続けます。
そんなことしかできませんが継続は力なりです。
私たちはとても小さな存在です。自然の猛威の前ではなすすべを持たない。立ち向かうのではなく備える。
そういう気持ちをもっと強く持たないといけませんね。
さぁ、今日も力一杯楽しく参りましょう
私もそう思う方はワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー

loose

今日は4月の陽気だとか・・・あったかいってことですね。フリースいらないのかな?まぁ朝起きた直後から耳の中がかゆいから花粉もすごいんでしょうね。
どぉんとこい来い花粉達♪そこは受け身でいきましょう。
昨日の夕方、散歩レッスン
この日は私の自宅がある町田市での散歩です。
芹が谷公園という緑と水の豊かな環境に行きました。
以前は私もアールとビンゴをつれてよくきたこの公園・・・ひさしぶりに歩いてみました。
なんだか懐かしいような、昨日も来たような、不思議な感覚に陥りました。
連れだつ犬は違うけど、一人ではないというこの感覚はやはり犬との散歩ならではです。
人同士の散歩も、一人での散歩もいいものですが、やっぱり犬との散歩は楽しい。
じゃあ、犬からみると人との散歩はどうなんでしょうかねぇ・・・
私は犬と散歩するとき、そのことがとても大事に思うのです。
よくリーダーウォークという言葉を耳にします。
リーダーウォークってなんだ?
つまり犬は人の前を歩いてはいけないということを示しているようです。
犬が飼い主さんの横についてあるくことであり、犬の安全を守るためにも飼い主の安全を守るためにも必要なこと・・・それは納得できますね。でも人の前を歩いてはいけないというのは私には理解できません。
なんだか古い日本の男尊女卑のような感覚を感じます。
女は男の3歩後ろを歩け・・・・そう言っているように感じます。
男は女よりえらい、人間は犬よりえらい・・・序列?支配?
なんだか安全を守るという言葉に隠れてそんなことをいっているように聞こえて仕方ありません。
ちなみに英語ではloose leash walkingということをいいます。
つまりリードがたるんだ状態で歩きましょうという意味です。
でもなぜか日本ではリーダーウォークです。そして英国式とかいっている訓練士ほどこの言葉を使いたがる。
どこでどんだけ勉強したらこんな言葉がでてくるんだろうか?まっそんなことはどうでもいいのですが・・・
一般的なヒールウォークは絶対に学ぶべきですし必要なことです。
でもいつもその状態を保つ必要がどこにあるのでしょうか?
ちなみに私の散歩レッスンでは犬は自分の前を歩くこともあれば私のうしろを歩くこともあります。もちろんよこについて歩くこともあります。
すべてにおいてアウトオブコントロールにさえなっていなければ場所なんてそれほど重要ではないのです。
ただしマナーという観点では人通りなどの環境に配慮するのが大人のマナーです。
なんいといっても人も犬も楽しいことが散歩で一番大事なところだと思います。
この価値観をもてば犬はあまり引っ張らなくなります。なにも教えずともです。
ちなみにloose leash walkingのloose(ルース)は放たれた、自由な、解放されて、解き放たれて、結んでない、離れている、束ねてないという意味があります。
締まりのないさま。だらしのないという意味もあるが、この場合は前者であることはいうまでもない。
私とビンゴがはじめて踊ったFootlooseはアメリカの若者が自由を勝ち取っていくストーリー
フットルース
まさに解放を意味している。
私とビンゴのフリースタイル、ドッグダンスも散歩もレッスンもすべてはこの解放のためにある。
解き放たれた中にこそ集中がある・・・
だって人と犬との関係に本来はコマンドなんていらないのです・・・だって人と人だって命令だけで生きていないでしょ・・・っていうかそんなのやってられない
私もそう思うって方はワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード