101後記 カドリール

曇り空の涼しい朝、風をきってひとっ走りしてきました。気持ちいいです。
パワフルなおじさんランナーとすれ違いざまに手を振り声をかけられます。
こちらも挨拶します。これまた気持ちいいです。
さて、昨日は土曜日でしたので通常ならレッスン山盛りなのですが、お休みを頂きました。
あっちこっち出かけて入力作業してきました。
子供の心に触れたり、子供にかえってバスケットボールしたり、テキスタイルの作品展をみたり、おいしいイタリアンを食べたり、有名ショコラティエのスィーツを食べたり、そして表参道を散歩したりと盛りだくさんの一日でした。
どれも感動に包まれた時間です。
自分にはない価値観や表現に触れてそれを取り込んでみる。
できるできないではなく、受け止めてみる。そんな入力から新しい発想はうまれてきます。これがレッスンのどこでどのようにアウトプットされるのかは自分でもよくわからないのですが、過去においてそれは成立しているので、昨日の経験もきっとどこかでみなさんにおつたえすることになるのでしょう。
さて、そんなことで昨晩にカドリール後記を書こうと思っていましたが約束果たせずでした。ごめんなさい。
ということでカドリール後記です。
今回の101のチーム編成とは別に通常のグループレッスンの中でカドリール(チームダンス)のチーム編成をしています。
そのチームが5つあり、それぞれ6人6頭が一定のリズムと方向性をもって音楽にあわせて動きます。
カドリールは9世紀初頭にフランスで起こったもので、元々は四人が二組みで方形をつくって踊るダンスですが、それをアウラでは人と犬のペアで行っています。
必要なトリック要素は最小限(3つ)そしてポジションは1つ、しかし歩く速度や方向性は複雑です。
使った音楽は「The Entertainer」
映画スティングのテーマ曲としても有名ですが、、元は1902年にスコット・ジョプリンによって作曲されたピアノのためのラグタイム曲です。
ラグタイムとは第一次大戦前後にかけて集中的にアメリカを中心としつつ世界的に流行した音楽ジャンルです。
リズム的特長としては「シンコペーション」と呼ばれるリズム構成が主体で、これは拍の弱部を強調する事によって、従来のクラシック音楽とは異なる印象を与えています。
これが従来のクラシック音楽のリズムとは違う「遅い・ずれた」リズムと思われたことから「ragged-time」略して「ragtime」と呼ばれるようになったといわれていいます。

「The Entertainer」も最初はハ長調から、ヘ長調のパートを用い、曲の構成はA-B-A-C-Dの形態で、メロディは繰り返しの際に1オクターヴ上にするよう指示されています。
ですからメロディーは繰り返しているけれどスピードの変化を求められるし、雰囲気もがらりと変わります。
はじめて犬とダンスを踊るにはちょっとハードルは高かったかもしれませんが、要素を少なくしてベーシックなトレーニングとしての教材としては最適だったと思っています。
このレッスンをはじめたのがおよそ半年前です。そこから毎回グループレッスンではカドリールをやってきました。
グループレッスンは様々なことをやるのですが、この頃からグループに入ったこももやパブロは大変だったと思います。
はじめはバタバタで、ヒールでその場に全員が揃っていることも難しかったくらいです。いやヒールそのものの感覚が緩かったですね。ダンスの構成は床にラインを引いて、「ここからここまでを一緒に動く」といった倣いとなる線の上を歩きますが、その歩き方や構成は私が決めるのではなく、みんなで決めていきました。
グループレッスンは毎週ありますが、すべてのグループが同じ週にあるわけではないので、一つのグループで決めた事が次のグループに反映され、さらにそこで決められたことや変更されたことが次のグループで反映されていきます。
そのため、毎回毎回何かしら変更があったり続きの部分が突然できていたりしました。
正直なところはじめの頃は自分でもこのカドリールがちゃんとできあがるのかどうかの確信はありませんでした。
ただ、始めて見ると、みんな楽しんでいるし、一生懸命がんばっているから、必ずできるという感覚はありました。
で、101の当日
広い場所でのお披露目なので、人だけで動きを確認します。
ラインはいつもと同じですが、空間が違うと感覚がずれてしまいよくわからなくなります。
人が混乱していると犬に指示は出せませんし、楽しめません。
人がまずは間違えないようにがんばって馴致をしていくことはとても大切な儀式です。
これはフリスタとまったく同じです。
さぁ本番は一発勝負です。
小型犬Aグループ
小型犬Bグループ
牧羊犬Aグループ
牧羊犬Bグループ
大型犬グループ
次々に演技を披露していきます。
お休みがあった牧羊犬グループには私も参加しました。

いゃあ、感動しました。
みんなすばらしかったです。
これは見た人にしかわからないこと、そしてやった人でなければ感じない事です。
ここに書き記す事はとても困難です。
それくらい素晴らしかったです。
もちろん完璧ではありません。
間違ったところも多々ありましたし、できなかったこともありました。私も間違えましたからね・・・
けれどそんなことではなく、チームみんなで力をあわし、信じあい、犬と楽しむ姿・・・そこに6ヶ月前のなにもできなかった姿はありません。
ダンスは得意でない人、犬のハンドリングに自信のない人、犬同士で調和しながら動くことが不得意な犬、なかなか構成をおぼえられない人、運動が得意でない人・・・・ほんとうにいろいろな不得意がある中で、あきらめず、楽しみながらここまでを作り上げてきた。そのプロセスこそが大切だということを改めて感じる事のできたカドリールでした。
世の中を見渡すと、自分の不得意、ウィークポイントを人に指摘されたり表現されることを嫌う傾向があります。
たしかに隠してしまい、指摘されないようにすればとても楽です。けれどそれでは何も成長しません。
自分を解放してこそ相手を受け入れられるし、成長できる。
だからこそ犬も成長できる。
この感覚がアウラの大きな根っこです。
カドリールはまさにその根っこを表現したような作品となったのです。
今回はオーディエンスアワードという賞を用意しました。
参加した方がそれぞれ1ポイントを持ち、自分の所属するチーム以外で良かったチームに1票を入れます。
その票が多かったチームがオーディエンスアワードとなります。
結果は小型犬Bチームがオーディエンスアワードを受けました。
この賞は本来は全員が受けた賞でもあります。なぜならどのチームにもちゃんとポイントは入っていたからです。つまりみんながみんなのことを認めたという現れです。
観客からのオーディエンスではなく参加者のオーディエンス・・・これって素敵だと思いませんか?

カドリールはここで終わりではありません。
ここからまた始まります。
まずはそれぞれのグループレッスンでそれぞれの感想を聞いたり、自分たちの課題について話し合ったりしましょう。
それから何を始めるか・・・もしかすると再びカドリールを続けるかもしれませんね。
柔軟に、しかしちゃんとルールをもって進めていく。
この自由柔軟感覚でまた1年楽しくまいりましょう。
さて、この後は101午後の部の後記です。
それはまた明日〜
いいなぁって思って頂けたらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

インスタグラム始めました♪それぞれのレッスン風景を中心にアップしています。フォローもよろしく~♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
アウラのインスタはこちら
2016aura

夜に書きます

今朝も日差しが強いですね〜
空梅雨っぽいなぁ〜ふるならふってくれって思います。
さて、後記の続きですが、ばたばたしていて書く時間がありませんでした。
ごめんなさい、夜に書きます。
いいなぁって思って頂けたらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

インスタグラム始めました♪それぞれのレッスン風景を中心にアップしています。フォローもよろしく~♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
アウラのインスタはこちら
2016aura

101後記 わんこがころんだ

涼しかったのが嘘のようにキリッとしたお日様がこちらを見ています。
今朝はちょっと寝坊して7時からジョギングスタートしましたが、暑かったです。
散歩はできるだけ7時までにすませましょうね〜

さて、101後記の続きです。
アウラ名物「わんこがころんだ」
※こちらのルールはホームページのイベントからご確認ください
各予選で2組が決勝へ進みます。
「わんこがころんだ!」で振り向いた時のポーズはその時によって違います。そのポーズは当日その場で私が決めますが、当然できないこともあります。そんな時はチーム内でできる人が教えたりフォローをします。それでもできなければ他のチームがフォローし、それでもできなければ私がフォローします。こうやって丁寧に時間をかけてその場での学びを大切にするのが101です。ただゲームをするだけではなく、決まったルールに縛られてやるゲームでもない。なんといってもみんな仲間ですから協力できる。そこがいいんです♪
さて、予選1組目から気合い十分です。
はじめにマーカーをゲットしたのはチェアで優勝した大同ペック(ミックスナッツ)とNIKUKYU CLUBキャプテンの西山さんとチロロ。互いにポジションを決めてアテンションをとりながら移動してくるのでぶれませんでしたね。
2組目はチェアで6位入賞の林さんとパン(NIKUKYU CLUB)そして前葉Judy(いつも一緒に)が勝ち上がりました。
林家は家族でのフル参加です。ああして自分が示せることがあるのは幸せです。今の世の中、なかなか親が子供に自分の背中を見せれる事って少なくなっているのかもしれませんが、ここにはそういう豊かな時間があるのです。
3組目は工藤マハロ(G-SHOCK)と前葉JOY(いつも一緒に)が入りました。工藤さんとマハロは昨年の優勝チームです。しかもマハロとニコの2頭での優勝でした。今回はグループのみんなが参加しての楽しいチーム参加でしたね。コロンブスちゃんが体調不良で出れなかったのが残念でしたが次回は全員参加できるといいですね〜
前葉さんはサリーちゃんつながりでご家族で参加いただきましたが、近々引っ越しをされるそうですね。いい思い出になったのでは?
4組目は小西ポリー(いつも一緒に)と野村ニコ(G-SHOCK)が残りました。ポリーはボーダーコリーで14歳10ヶ月です。前日のファンマッチにも参加しての101は体力的にも大変だと思いますが、小西さんの朗らかな性格と相まって楽しいゲームになりましたね。野村家はママがカドリールでがんばり、パパがゲームと役割分担を決めて楽しんでいましたね。
いろんな楽しみ方ができるのも101のいいところです。犬に負担をかけるハンドリングやアンフェアでスポーツマンシップに欠ける行動は全てNGですが、それ以外は柔軟に受け入れていくことで楽しみが何倍にも広がります。
101詳細の私からのご挨拶にこんなフレーズがあります。

「犬を愛し、フェアなドッグトレーニングを通して愛犬との絆を深めていくことが大好きなみなさまの日頃の成果を表現する場として活用していただきたい。そんな思いで2007年にWAN Oh! ONEはスタートしました。

まだトレーニングをはじめたばかり、全然自信がない私が出ても大丈夫?
5ヶ月のパピーでオスワリやフセはできるのですがマテが少ししか出来ません・・・出られるでしょうか?
他のスクールでレッスンをしているのですが出られますか?(私の認証またはカウンセリングが必要です)
チーム戦だから足をひっぱりそうです・・・出られますでしょうか?
はい♪みんな大丈夫です♪ぜひご参加ください。
勿論、ドッグトレーニングのスキルは高いほうが良いに決まっています。
でも1位や2位になることが目的ではありません。
それも大切なことだけど、もっと大事なことは楽しみながら自己ベストを目指す気持ちと練習です。スキルが小さいとできないゲームもありますが、上手な人はどうやっているんだろう?と観察したり教えてもらうことだってあります。
基本的に犬にも人にもフェアであれば参加OK。多少ガウガウしたり、びびり〜で固まっていても大丈夫!そんな時はみんなで助け合うのです。チーム戦のいいところはそこです。
お子さんの参加も可能ですが必ず大人が見本を示し、一人で参加させないでください。子供は社会的責任を負えません。
それから、みんな素敵な仲間でありよきライバル、そしてよきスタッフでいてください。
お手すきの時はぜひともゲームの準備や撤収等にご協力ください。参加者全員で創り上げていくのがWAN Oh! ONEです。
みなさまの参加を心よりお待ちしております。」

ルール以上に大切なことかもしれませんね。
さて、5組目は飯島クララ(ミックスナッツ)と西山ビリー(NIKUKYU CLUB)が勝ち上がりです。飯島さんは初参加、しかもファンマッチにも初参加と、初参加づくしの2日間でしたね。いろんな気づきがあったことでしょう。心身ともに疲れたことでしょう。でもその疲れを共有するからこそ成長があると私は知っています。初参加で勝ち上がりは立派なものですよ。西山さんはチームを引っ張りながら、自分自身も犬達のことで大変な時期を乗り越えての今日でした。私は声もかけずに、ただただ願い続けた1年でもありました。ひたむきに犬と向き合い、人と向き合えるプロはそうはいません。
あの姿をみたら、だれもが納得しますね。
6組目は林パン(NIKUKYU CLUB)小型犬?(硬直機動隊)が勝ち上がりです。
林さん絶好調!林さんは私が声をかけると、いつも笑顔でこたえてくれます。あの笑顔があればなんでも出来る気がしますよ。
さぁ、役者が揃っての決勝戦です。決勝戦はお題も色々です。簡単にはマーカーはとれません。
私も声がけに気合いが入ります。
そして、なんとなんと優勝は林パンペアでした。やればできる。強い心は犬を動かすしゲームでも勝てるということですね。
最終結果は以下の通りです。
1位 林パン(NIKUKYU CLUB)
2位 前葉JOY(いつも一緒に)
3位 小型犬?(硬直機動隊)
4位 工藤マハロ(G-SHOCK)
5位 大同ペック(ミックスナッツ)

2つのゲームを終えて、お昼休憩に入ります。
お昼の間にカドリールの発表です。
その後記についてはまた明日♪
いいなぁって思って頂けたらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

インスタグラム始めました♪それぞれのレッスン風景を中心にアップしています。フォローもよろしく~♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
アウラのインスタはこちら
2016aura

101後記 チェア

涼しい朝ですね〜
私は早朝ジョギング続けてますが、涼しい空気の中を駆け抜けるのはとても気持ちいいです。
たるんだ身体を夏までにちゃんと復活させたいですが、はたして・・・

さて、101後記の続きです。
ゲームスタートはチェアからです。(ゲームのルールはアウラのイベントページで)
どこでもやっているシンプルなゲームです。アウラの場合はコートのカタチが長方形とか円ではなく多角形です。
これによって中央のイスまでの距離に差異がないようにしています。
予選では各チームから1組づつ選出していただき、その中から最後にイスをとったペアが決勝へという流れです。
決勝戦には、チームミックスナッツ(ボーダーコリー、eコッカー、柴の色柄いっぱいごちゃまぜチーム)の大同ベック、同、小澤ジェリコ、チームいつも一緒に(フリスタ仲間やサリーちゃんつながり)の前葉JOY、チームNIKUKYU CLUB(アウラにレッスンに来ていたトレーナーさんのチーム)の栗原MAX、同、林パン、チームワンダーランドベィビーズ(小型犬達)の新谷プリン、チーム硬直機動隊(社会化弱いチーム)の小型犬?が勝ち上がりました。
すばやい行動が得意のボーダーコリーが多く残っていますが、そんな中になんとフレンチブルドッグのプリンが残っています。さらには林さんはアシストがないとおしゃべりや歩行がちょっと不得意ですが、コーギーのパンちゃんにしっかり指示を出しながら自分の足でしっかりイスをとりにいきます。
思わず、プリンがんばれ〜、林さんがんばれ〜と私も応援してしまいます。
林さんは決勝でもなんと6位に入り5Pを獲得しました。
彼のがんばりははみんなに力を与えます。でもその彼ががんばれるのはパンがいるから、パンがここにいられるのは家族、そしてトレーナーの西山さんが、仲間がいるから・・・こんなつながりを持てる事に私は感謝でいっぱいです。
ここに来るまでの道のりを想像するだけで頭が下がります。
プリンはなんと3位入賞です。
とあるゲームで人が止まると座るという習慣をつけられたプリンにとってはお手の物でしたが、あの場所であの面子の中で3位は素晴らしいですね。
最後に残った2組は同チームでの勝負となりました。
ここでゲームのルールを変更です。
犬から離れる際はオスワリ・フセ・オスワリで離れることとしました。
これが勝敗にどう影響するかわかりませんが、アウラでは般化(応用性)を重要視しています。これは、同じ事ばかりやっていると、それはできるようになるがそれ以外ができなくなる・・・つまり犬は頭で考えなくなってしまう。それではロボットと同じです。やはり生きた犬との対話ですから、考えて自分で行動するという意思は必要です。
結果は、僅差で大同ベックが優勝です。
先輩犬ジェリコの胸をかりての勝負でしたが、お互い素晴らしい正確さとスピードでした。
大同ベックチームは土曜日のファンマッチでも素晴らしいダンスをみせてくれました。
基礎のヒールポジションとヒールウォークができているからこそでしたね。おめでとうございました。
結果は次の通りです。
1位 ミックスナッツ 大同ベックチーム
2位 ミックスナッツ 小澤ジェリコ
3位 ワンダーランドベィビーズ 新谷プリン
4位 いつも一緒に 前葉JOY 
5位 NIKUKYU CLUB 栗原MAX
6位 硬直機動隊 小型犬?

さて、次はわんこがころんだですね。
後記は明日に続きます。

いいなぁって思って頂けたらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

インスタグラム始めました♪それぞれのレッスン風景を中心にアップしています。フォローもよろしく~♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
アウラのインスタはこちら
2016aura

101後記その1 朝のはじまりの時間

曇り空ですね〜
涼しくって犬達にはいいですね。
昨日はルーデンスの日でした。アインとララは中庭でよだれだらけでお互いに遊び、前庭に出て雨のシャワーをあびてクールダウン、そして屋内レッスン場で私と学びという一日を過ごしました。
他のレッスンの間は事務所のクレート待機もしました。
クレート待機も上手になってきました。はじめの頃はなれなくて、きゅんきゅん、きゃんきゃんないていましたが、今ではむしろ気持ち良さそうに寝ています。
私がレッスンをしていて声が聞こえても静かなものです。
クレートでの管理は室内やホテルの部屋、車の中、イベント時など使い道は沢山ありますし、犬の精神状態を管理する上でも必須です。このことはレッスンでも何度もお話していることですが、巷には色々と言い訳つけて管理すらできない方もいますね。そんな社会性の欠如した関わりにならないためにアウラではパピーの頃からクレートトレーニングを推奨しています。

さて、先日行われた101の後記です。
今回は43組のエントリーをいただき、楽しい時間が持てました。
いつも通りいくつかのゲームを行います。
しかしゲームをすることが目的ではありません。
そしてルールはその都度かわっていきます。
そしてその内容をみんなで共有します。
101はワークショップ的な要素を強く持っています。
ですからゲーム進行、MC、音響、集計・・・ありとあらゆるものを私が行います。そしてそれを参加いただいているみなさんがお手伝いしてくださいます。
このシステムは長年培ってきた信頼関係や社会的背景があるからできることです。
それ故に、だれでも参加できるわけではなく、生徒さんとその仲間、あるいは私がお教えしたトレーナーさんとその生徒さん、それくらいまでの仲間内のイベントになっています。参加数も30〜50組が最適です。それ以上になるとこのシステムは機能不全に陥ります。
小さい教室の背伸びしないで楽しめるイベント
私もいいたいこといっぱい言うし、みんなもおもいっきり自分を解放して楽しんでいます。
みんな仲間であり、よいライバルです。
この感覚が浸透しているので101は本当に心地よいし、沢山の感動があります。
今回の101ではさらにカドリールの発表会を設けました。
カドリールは複数の犬と人が音楽にのって踊るグループダンスです。
マスゲーム的に同じ行動をとりますが、揃えることが重要なのではなく、基礎的なヒールポジション、ヒールウォークにはじまり基礎的な行動、そして集中力を養うためのツールというのが私の考え方です。
アウラのグループレッスンから6頭6名のチームを5チーム作り、101での発表を行いました。
このことについても後記をつけていきたいと思います。
土曜日のフリスタファンマッチと101の両方に参加している方も沢山いらっしゃいます。
ファンマッチは精神的に疲れて、101では身体を使って疲れてと、完全に虚脱しちゃうのがこのイベントです。
ちょっと燃え尽き症候群みたくなっちゃうけれど、それだけ得るものも多くて達成感があるっていうことですね。
まぁ、終わってからしばらくすると、ふつふつとエネルギーが満ちあふれてくるから不思議!

早朝の受付も終わり、みなさん名札をつけていただきチームごとにまとまって頂きます。
初顔合わせの方もいらっしゃったりしますが、みんなすぐに打ち解けます。
けれどだからといってチームの団結力が強いかというとはじめはそういうわけではありません。
そのいい例が、開会式です。
開会式ではコート内に全員入っていただきます。
私がマイクで促しますが、まぁ、みんななかなか入ってきません。
で、入ってきても、みんなまとまりなくいます。
こちらからみると、だれがどのチームかの境がみえません。
で、再び、チームごとにまとまってくださいとアナウンスしますが、それでもなんとなぁく別れている。
でも最初はこんなものなんです。
そしてそこにチームの色づけがはじまるのです。
ほんとに面白いです。
この後チームキャプテンにそれぞれチーム紹介をしていただき、注意事項の説明、集合写真をとって、いよいよゲーム開始です。
さて、朝一番のゲームは「チェア」です。このゲームについてはまた明日♪

いいなぁって思って頂けたらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

インスタグラム始めました♪それぞれのレッスン風景を中心にアップしています。フォローもよろしく~♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
アウラのインスタはこちら
2016aura
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード